OBS Studioでマイク音が入らないときの対処法。チェック項目がこれだけあります

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)でマイクの音が入らない、自分の声が入らないという場合の対処法について見ていきましょう。

OBSのレベルメーター

原因は大きく3つに分類できます。

  • OBSの設定が不適切
  • Windowsの設定が不適切
  • 物理的な問題が起きている

意外とありがちなのが、「OBSのせいだと思ったら、じつは違った」というパターンです。

OBS以外にも多くの原因が考えられるので、ひとつずつ対処していく必要があります。

【スポンサーリンク】

OBSの設定

使用するマイクを適切に選択する

OBS側で、マイクをきちんと選択できているか確認します。

  1. 「設定」をクリックする。
  2. 「音声」タブを開く。
  3. 使用するマイクを「マイク音声」で選択する。
  4. 「OK」をクリックする。

マイクを選択

PC環境によっては、「マイク」ではなく「ライン」を選ばなくてはいけない場合もあるでしょう。たとえば、AG03などを導入している場合です。

AG03 + OBSでゲーム配信するさいの設定方法。この音声設定がシンプルです
AG03とOBS Studio(以下OBS)を使ってゲーム配信する場合の設定について見ていきましょう。 解説では、便宜上、ライ...

もし「マイク音声」で適当なマイクが表示されない場合は、Windows側の設定でマイクを有効にする必要があります(後述)。

なお、今回のように「設定」→「音声」でマイクを指定する場合は、シーンに「音声入力キャプチャ」を追加しないようにしてください。マイク音声が二重になります。

【OBS】ソースの「音声入力キャプチャ」って?シーン機能と組み合わせて使います
OBS Studio(以下OBS)の「+」をクリックすると、「音声入力キャプチャ」と「音声出力キャプチャ」が出てきます。 これ...

マイクのミュートを解除する

「音声ミキサー」の部分でマイクがミュートになっている場合は、ミュートを解除します。

マイクミュートを解除

音声トラックの設定を見直す

まず、以下の手順で設定画面を開きましょう。

  1. 「音声ミキサー」の歯車アイコンをクリックする(どれでもよい)。
  2. オーディオの詳細プロパティ」をクリックする。

オーディオの詳細プロパティ

つぎに、「マイク」の「トラック」のすべてにチェックを入れます。

音声トラック

そのうえで、以下のように設定してください。

  1. 「設定」→「出力」タブを開く。
  2. 「出力モード」の下にある「配信」タブ、または録画したいなら「録画」タブを開く(タブがないなら設定不要)。
  3. 「音声トラック」の「1」にチェックを入れる。

音声トラック
▲初期設定では音声トラック「1」が選択されています。したがって、「オーディオの詳細プロパティ」の「マイク」も「1」にチェックが入っていないといけません。

音声トラックの設定は、慣れないうちはいじらないほうが無難です。

【OBS】ゲーム音・マイク音を分けて、別々に録画する方法。別撮りのポイント
OBS Studio(以下OBS)でも別撮りできます。 ここでいう別撮りとは、1個の動画内でゲーム音・マイク音を分けて録画する...
【OBS】配信ではマイク音を入れつつ、録画には入れない方法。ポイントは音声トラック
OBS Studio(以下OBS)でライブ配信・録画を同時に行う場合に、録画だけマイク音を入れない設定にすることもできます。 ...

音声モニタリングの設定を見直す

上述の「オーディオの詳細プロパティ」を開き、「マイク」の「音声モニタリング」で「モニターオフ」を選択します。

音声モニタリング

基本的に、「モニターのみ (出力はミュート)」を選んだままにしておくことはありません

説明 配信への影響 重要度
モニターオフ 初期設定 なし A
モニターのみ(出力はミュート) 音を自分で聞きたいときに 配信には乗らない A
モニターと出力 音を自分で聞きたいときに 配信にも乗る C

ただ、自分の声を確認したいときなど、必要なときだけ一時的に「モニターのみ (出力はミュート)」にすることはあります。

モニタリングデバイスを見直す

これは、マイク音をOBS上で聞くための設定をまちがえているパターンです。

「マイク」のレベルメーターが動いているにもかかわらず、マイク音が自分に聞こえない場合に確認してください。

ピークメーター、マイク

以下のように設定しましょう。

  1. 「設定」→「音声」の順にクリックする。
  2. モニタリングデバイス」を「既定」にする。
  3. 「OK」をクリックする。

音声モニタリングデバイス

ノイズ抑制、ノイズゲートを削除する

もし音声フィルターを追加している場合は、いったん削除してみてください。

OBS Studioでマイクのノイズを除去して、高音質にする方法
OBS Studio(以下OBS)には、マイクのノイズを除去(低減)するための機能が搭載されています。ノイズ抑制とノイズゲートです。 ...

具体的には、ノイズ抑制や、ノイズゲートを追加していないでしょうか。声質・環境・設定によっては、マイクで入力した一部の音が消えてしまいます。

いったんフィルターを削除しましょう。

  1. 「音声ミキサー」の「マイク」上で右クリックする。
  2. 「フィルタ」をクリックする。
  3. 左側に「ノイズ抑制」「ノイズゲート」がある場合は削除する。
  4. 「閉じる」をクリックする。

音声フィルタ削除

マイク音量が小さいだけかも

マイクの音が小さすぎる可能性も考えられます。

音が小さい

たとえば配信中、自分の声がBGMによってかき消され、マイク音が入っていないと視聴者に誤解されるケースが多々あります。BGMを止めてマイク音を確認してみてください。

マイク音量を大きくする方法については、下記ページにまとめました。

【OBS Studio】マイク音量が小さいときの対処法。コンプレッサーなど全5種類
OBS Studio(以下OBS)を使用していて マイクの音が小さい マイクが音を拾ってくれない マイクの音...
スポンサーリンク
レクタングル(大)

Windowsの設定

マイクを有効にする

使用したいマイクがOBS側で選択肢として表示されず、選べない場合、Windows側でマイクを有効にする必要があります。

まずは、以下の方法でWindowsのサウンド設定の画面を開いてください。

  1. マイクをPCに接続する。
  2. Windowsキー + Rキーを押す。
  3. 「mmsys.cpl」と入力し、「OK」をクリックする。
  4. 「録音」タブを開く。

録音タブ

そして、マイクを有効にするわけですが、(1)絵が半透明である場合と、(2)絵が表示されていない場合とで、対処法が異なります。

絵が半透明の場合は、その項目上で右クリックし、「有効」を選択しましょう。

デバイスを有効化

絵が表示されていない場合は、ウィンドウ上の適当な場所で右クリックし、「無効なデバイスの表示」をクリックします。すると、マイクの絵が表示されます。

無効なデバイスを表示

Windows側でマイクを有効にしたあとは、OBS側で設定画面を開き直せばマイクを選択できるようになります。

マイクミュートを解除する

Windows側でマイク音量がミュートになっていると、OBSでもマイク音が入りません。

  1. さきほどのサウンドの設定画面を開く。
  2. 「録音」タブを開く。
  3. 使用するマイクをダブルクリックする。
  4. 「レベル」タブを開く。
  5. マイク音量がミュートになっている場合は、ミュートを解除する。

ミュートを解除

マイクへのアクセスを許可する

たまにあるのがこのパターンです。

OBSがマイクにアクセスできる設定になっていないと、自分の声をマイクに入れてもOBSが反応しません。

レベルメーター

そこで、OBSがマイクにアクセスできるように、Windows側の設定を変更しましょう。

Windows 11

  1. 「スタート」ボタン上で右クリックし、「設定」を選択する。
  2. 「プライバシーとセキュリティ」を選択する。
  3. 「マイク」を選択する。
  4. マイクへのアクセス」、および「アプリにマイクへのアクセスを許可する」をONにする。
  5. 画面を下にスクロールし、「デスクトップ アプリにマイクへのアクセスを許可する」がONになっていることを確認する。

マイクへのアクセス

Windows 10

  1. 「スタート」ボタン上で右クリックし、「設定」を選択する。
  2. 「プライバシー」を選択する。
  3. 左メニューから「マイク」を選択する。
  4. アプリがマイクにアクセスできるようにする」をONにする。

アプリがマイクにアクセスできるようにする

Bluetoothに注意

もしBluetoothヘッドセットを使用しているのであれば、ひとまず以下のように設定してください。

  1. 右下のスピーカーアイコンをクリックする。
  2. ヘッドセット (xxx Hands-Free AG Audio)」をクリックする。
  3. OBSを再起動する。

ヘッドセット (Q5 Hands-Free AG Audio)
▲ポイントは、「Hands-Free AG Audio」が入っているものを選ぶ点です。「Stereo」が入っているものを選ぶわけではありません。

このあたりの詳細については、下記ページに情報をまとめました。

注意!OBSでBluetoothヘッドセットを使えない?3つの対処法
OBS Studio(以下OBS)でBluetoothヘッドセットを使う場合、音のトラブルに注意してください。 たとえば、「O...

物理的な問題

マイクを適切に接続する

きちんとマイクがPCに接続されているでしょうか。

3極、ヘッドセット

接続が甘くなっていたり、マイクとPCの接続方法をまちがえている可能性もあります。3極と4極の区別など、じつは複雑な部分もあるので注意してください。

【図解】マイク、ヘッドセットをPCに接続する方法。つなぎ方、全パターンまとめ
ゲーム実況では、マイクをPCに接続する必要があります。自分の声を入れるためです。 では、どのようにしてマイクをつなげればよいの...

また、マイクは基本的にキャプチャーボードに接続しません。

マイクをPCに接続

もちろん、それでもよい場合はあるのですが、通常はPC(またはオーディオインターフェイス)に接続しましょう。そのほうがメリットが多いからです。

キャプチャーボード使用時、マイクはどこに接続する?PCに接続すべき理由
ゲーム実況でキャプチャーボードを使用する場合、マイク(ヘッドセット)はどこに接続すればよいのでしょうか。 マイクを接続できそう...

マイクのスイッチを切り替える、ボタンを押す

マイクにON/OFFスイッチが付いているタイプの場合は、ONに切り替えます。

また、マイクによってはミュートボタンを搭載しているものもあります。ミュートになっているのであれば、ボタンを押してミュートを解除しましょう。

インラインリモコン

周辺機器側でマイク音量を調節する

オーディオインターフェイスを使用している場合、そちらのほうでマイク音量を調節します。

オーディオインターフェイス

たとえば、AG03であれば(1)フェーダーと(2)「GAIN」ツマミを使って調節します。

【図解】ミキサーAG03の詳しい使い方。4つの操作を覚えれば簡単です
AG03は、ヤマハから発売されている小型ミキサーです。オーディオインターフェイスとしても使えます。 どのような場面で使うのかと...
AG03 + OBSでゲーム配信するさいの設定方法。この音声設定がシンプルです
AG03とOBS Studio(以下OBS)を使ってゲーム配信する場合の設定について見ていきましょう。 解説では、便宜上、ライ...

ファンタム電源をONにする

オーディオインターフェイス、およびコンデンサーマイクを使用している場合は、オーディオインターフェイス側でファンタム電源(+48V)をONにします。

ファンタム電源

マイクを変更する

マイクが故障しているかもしれません。ほかにマイクがあるなら、それを使ってみてください。

レベルメーターの確認が重要

OBSの「音声ミキサー」部分でレベルメーターを確認してみましょう。

レベルメーター

基本的に、自分の声に合わせてレベルメーターが動いていれば、配信でもマイク音は流れます

  • 動いている → 視聴者にも聞こえる(例外あり)
  • 動いていない → 視聴者には聞こえない

ただし、例外として「レベルメーターは動いているのに視聴者にはマイク音が聞こえない」というケースがあります。

その場合は、音声モニタリングの設定と、音声トラックの設定を確認しましょう(上述)。

なお、「レベルメーターは動いているのに自分にはマイク音が聞こえない」という場合は、モニタリングデバイスの設定を確認します(上述)。

Tips

マイクが入っているかどうかの確認は、配信して視聴者にチェックしてもらうのが確実です。しかし、OBSの録画機能を使えば、自分だけでも確認できます。

OBSでゲームを録画するための設定方法。いきなり「録画開始」していませんか?
OBS Studio(以下OBS)を使って、無料でゲーム画面を録画してみましょう。 OBSは基本的にライブ配信用のソフトとして...

もっと基本的な確認を行いたい場合は、下記ページをご覧ください。OBSを使わずにマイクの録音テストができます。

【必須】マイク、ヘッドセットを買ったら絶対にこれだけはすべき。マイクテストの方法
新しくマイクを購入したら、すぐにでも使ってみたくなります。 しかし、最低限、以下の3つだけはやっておきましょう。マイクテストで...
【Win 11】絶対にこれだけは確認すべき。マイク・ヘッドセットを使うためのサウンド設定
マイク(ヘッドセット含む)をPCで使うなら、Windows 11のサウンド設定を必ず行いましょう。 これを行わないと、トラブル...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)