【OBS】ソースを保存して切り替える方法。シーンコレクションを使う

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)には、シーンコレクションという便利な機能があります。

シーンコレクション

以下のような状況を想像してください。

  • 画面レイアウトを保存しておきたい
  • ソースの内容・サイズ・位置を保存しておきたい
  • 別のPCにOBSを移行したい

このようなときは、シーンレコレクションを使いましょう。

【スポンサーリンク】

シーンコレクションとは

シーン、ソースを保存できる

シーンコレクションは、すべてのシーン、およびソースを保存しておける機能です。

複数のソースを追加している場合、いろいろなものを画面上に配置しているわけですから、ソースを保存しておいたほうが安全です。

コメント

なぜなら、画面レイアウトが崩れたり、まちがえてソースを削除した場合でも瞬時に復元できるからです。ソースをロックする方法と組み合わせれば、より確実です。

配信内容ごとにソースを分けられる

たとえば、ゲーム配信のときは「映像キャプチャデバイス」を追加し、雑談配信のときは「映像キャプチャデバイス」を削除して「画像」を追加するとしましょう。

ソースの切り替え

このとき、毎回ソースを追加・削除するのは煩雑です。そこで、ゲーム配信のときの設定と、雑談配信のときの設定を分けて保存しておくのです。

シーンコレクションを使えば、配信内容によって複数の設定を瞬時に切り替えることができます。

シーンコレクションの使い方

  1. 「シーンコレクション」→「複製」の順にクリックします。
  2. 複製

  1. 適当な名前を入力して「OK」をクリックします。
  2. 名前の入力

  3. OBSのタイトルバーに、いま入力した名称が表示されました。
  4. 名前

  5. シーンコレクションの切り替えは、「シーンコレクション」から行います。
  6. 切り替え

  7. シーンコレクションを削除したい場合は、そのシーンコレクションに切り替えたあと、「削除」を選択します。
  8. 削除

  9. 追加したソース(例 : 静止画像)は、移動したり削除しないようにしてください。そのソースが表示されなくなります。
スポンサーリンク
レクタングル(大)

2点だけ注意しよう

上書き保存を回避する

現在の設定を完成版として保存しておきたいなら、「シーンコレクション」で「複製」を選択しましょう。

複製

複数の設定を作っておかないと、最初に保存した設定が上書きされて消えてしまうからです。つまり、設定を保存した意味がなくなるので、注意してください。

たとえば、シーンコレクションAを作ったとします。このとき、シーンコレクションBを分けて作っておかないと、シーンコレクションAは上書きされます。

「シーンコレクション」から「複製」を選ぶことで、新しいシーンコレクションBを作ることができ、シーンコレクションAとは別の独立した設定になります。

「新規」ではなく「複製」を選ぶ

「新規」は選ばないほうがよいでしょう。なぜなら、選ぶと「音声ミキサー」が消えるからです。

音声ミキサー

この状態だと、音がいっさい配信に乗りません。音を出すためには、再度「設定」→「音声」で設定する必要があります。

OBS StudioでBGM・マイクの音を流すための設定方法
PCの音、およびマイクの音を配信するためには、OBS Studio(以下OBS)でどのように設定すればよいのでしょうか。 ここ...

シーンとの違い

たんにソースを切り替えたいだけなら、シーンコレクションは使う必要はありません。下記動画のように、シーンを切り替えればよいからです。

たとえば、休憩のために画面を切り替えたいというときは、シーンを使いましょう。シーンコレクションの出番はありません。

【OBS Studio】シーン機能の便利な使い方。画面をスムーズに切り替える
OBS Studio(以下OBS)のシーン機能を使うと、以下のような場面で画面を一瞬で切り替えられるようになります。 ...

しかし、ソースを含めた全シーンを保存して切り替えたいなら、シーンコレクションを使います。

プロファイルとの違い

シーンコレクションとよく似た機能にプロファイルがあります。

プロファイル

プロファイルでは、シーンやソースは保存できません。しかし、たとえばYouTube用とTwitch用で、配信設定(例 : ストリームキー)を分けて保存しておくことができます。

【OBS Studio】配信サイトごとに複数の設定を保存しておく方法
OBS Studio(以下OBS)には、プロファイルという便利な機能があります。 なぜ便利かというと、複数の設定を保存しておけ...

シーンコレクションとプロファイル、この2つの機能を使うことで、あらゆる設定を保存しておき、必要なときに瞬時に呼び出して切り替えられます。

かりにトラブルが起きたとしても、シーンコレクションとプロファイルで設定を保存しておけば、簡単に復元できるでしょう。

シーンコレクションの保存場所

シーンコレクションの保存場所は、「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\obs-studio\basic\scenes」です。

保存場所

開き方がよくわからない場合は、以下のようにしてください。

  1. OBS「ファイル」→「プロファイル フォルダーを表示」の順にクリックする。
  2. アドレスバーの「basic」をクリックする。
  3. 「scenes」フォルダをダブルクリックする。

プロファイル フォルダーを表示

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)