【詳説】PowerDirectorでBGM・効果音を入れて、音声を編集する方法

この記事をシェアする

通常、動画には元から音声が入っています(例 : ゲーム音)。しかし、それとは別にPowerDirectorBGMなどを挿入し、各種編集をしたいという場合、どうしたらよいのでしょうか。

タイムライン

たとえば、以下のような音声を入れる場合です。

  • BGM(音楽)
  • 効果音
  • ゲーム実況で別録りしたマイク音声

便宜上、これらの音声は、呼称を「BGM」で統一している点に注意してください。

解説では、2018年9月26日に発売されたPowerDirector 17を使用しています。

スポンサーリンク

BGMを読み込んで配置しよう

まず、動画に入れたいBGMを読み込みましょう。

  1. 「メディアの読み込み」(フォルダーのアイコン)をクリックする。
  2. メディア ファイルの読み込み」をクリックする。
  3. 任意のBGMを選択して「開く」をクリックする。

メディアファイルの読み込み

つぎに、このBGMをタイムラインのミュージックトラックにドラッグ&ドロップします。BGMが配置されました。

ミュージックトラック

ミュージックトラックは、音符のアイコンが付いている欄のことです。タイムラインの下のほうにあります。

BGM(ミュージッククリップ)の前後の位置・再生タイミングを変更したい場合は、手のアイコンが表示された状態で左右にドラッグします。

ミュージッククリップの位置

左右の端をドラッグするわけではありません。それだとBGMの最初または最後がカットされてしまいます。

BGMの途中部分をカットしよう

いま入れたBGMの中間部分をカットしてみましょう。

BGMをクリックして青色にし、カットしたい位置でCtrlキー + Tキーを押します。これで任意の箇所を分割できました。

分割

そして、分割された部分をクリック後、Deleteキーを押します。

削除

メニューが表示されるので、「削除、間隔を詰めて、すべてのクリップを移動する」を選択しましょう。

削除、間隔を詰めて、すべてのクリップを移動する

なお、動画に元から入っている音声をカットしたい場合は、ビデオクリップ上で右クリックし、「動画と音声をリンク/リンク解除」を選択してから行ってください。

BGMの長さを調整しよう

短くする

BGMの左右の端にカーソルを合わせます。

  • 冒頭を短くしたい → 左端にカーソルを合わせる
  • 終盤を短くしたい → 右端にカーソルを合わせる

カーソルを端に
▲終盤を短くしたい場合

あとは、左右いずれかにドラッグすればカットできます。

  • 冒頭を短くしたい → 右にドラッグ
  • 終盤を短くしたい → 左にドラッグ

ドラッグ
▲終盤を短くしたい場合

長くする

BGMを短くしたあと、もう少し長くしたいなというときは、さきほどと同じように左右の端にカーソルを合わせます。

  • 冒頭の長さを長くしたい → 左端にカーソルを合わせる
  • 終盤の長さを長くしたい → 右端にカーソルを合わせる

そして、左右いずれかにドラッグします。

  • 冒頭を長くしたい → 左にドラッグ
  • 終盤を長くしたい → 右にドラッグ
スポンサーリンク
レクタングル(大)

動画とBGMを同時にカットしよう

動画音声とBGM、2つの音声を同じ部分でまとめてカットすることもできます。

動画音声とBGMの同時カット

いちばん簡単なのは、範囲選択してから削除する方法です。

  1. カットしたい部分に移動する。
  2. オレンジ色の四角い部分にマウスカーソルを合わせる。
  3. カーソルがオレンジ色に変化した状態で、右にドラッグする。
  4. Deleteキーで削除する。

もちろん、分割でカットする方法でもかまいません。

  1. Ctrlキーで両方ともクリックして青色にする(または両方を灰色に)。
  2. 任意の地点で分割する。
  3. Ctrlキーで両方ともクリックして青色にする。
  4. 削除する。

フェードイン・フェードアウトしよう

音量がだんだんと変わるようにする

音声を途中でカットすると、ブツ切れになって不自然に聞こえることがあります。また、「プチッ」というノイズが入ることもあります。

そこで、フェードイン、およびフェードアウトを覚えておきましょう。

  • フェードイン - 音が少しずつ大きくなっていく。
  • フェードアウト - 音が少しずつ小さくなっていく。

やり方

音声ミキシングルーム」を開いてください。ここで設定できます。

音声ミキシングルーム

一見、難しそうですが、注目すべきは「音楽」という部分です。「音声 1」や「音声 2」は、今回は関係ありません。

音楽

任意の箇所に移動し、「音楽」の下にあるアイコンをクリックします。

  • フェードインしたい → 左側のアイコン
  • フェードアウトしたい → 右側のアイコン

フェードイン・フェードアウト
▲もしアイコンが灰色になっている場合は、適当な場所にタイムラインスライダー(タイムラインの赤線)を移動させます。

フェードイン・フェードアウトにかかる時間を調整したい場合は、白点を左右にドラッグしてください。

白点を左右にドラッグ

なお、この白点を上下にドラッグすると音量を変更できます。

音量を調整しよう

音量バランスが重要な理由

BGMを入れたとき注意が必要なのが音量バランスです。つまり、元の動画音声と、編集で入れたBGMのバランスです。

どちらか一方の音量が大きすぎると、もう片方の音声が聞こえづらくなるでしょう。視聴者側は音量バランスを調整できないため、編集で調整しておきます。

音声ミキシングルームで編集する

音量調整は、上述の音声ミキシングルームで行うことができます。「音楽」と「音声 1」の2つに注目しましょう。

  • 音楽 - ミュージックトラックに配置したBGMのこと
  • 音声 1 - ビデオトラック1に配置した動画音声のこと

音楽と音声

「音楽」または「音声」の左右のスライダーを調整します。すると、そのトラックにある全素材の音声を大きくしたり、小さくできます。

  • 音量を小さくしたい → 左にドラッグ
  • 音量を大きくしたい → 右にドラッグ

トラック音量の調整

個別に動画音量を調整したいというときは、横線を上下にドラッグします。

  • 音量を小さくしたい → 下にドラッグ
  • 音量を大きくしたい → 上にドラッグ

音声のミュート

元の動画音声を消したい、音量を0にしたいという場合もあるかもしれません。

この場合は、ビデオトラック1にあるスピーカーアイコンのチェックを外します。すると、ビデオトラック1にある全動画の音量がミュートになります。

トラック音量をミュートに

もし個別に動画音声をミュートにしたいのであれば、いまのチェックは入れたまま、右クリックから「ミュート (クリップ)」を選択しましょう。

クリップ音量をミュートに

その他

クロスフェード

2つのBGMを自然に切り替えたいときに使うのがクロスフェードです。やり方は、2曲めを1曲めにドラッグして重ねるだけです。

クロスフェード

オーディオダッキング

オーディオダッキングは、動画の会話の部分だけBGMを自動で下げる機能です。

  1. ミュージックトラックにあるBGMをクリックする。
  2. 「ツール」→「オーディオ ダッキング」で設定する。

オーディオエディター

声を響かせる(リバーブ、エコー)など、音声を加工できる機能がオーディオエディターです。

  1. トラックにある素材をクリックする。
  2. 「ツール」→「オーディオ エディター」で設定する。

まとめ

本文では説明しませんでしたが、ミュージックトラックに配置したBGMを編集するさいは、波形に注目しましょう。

波形

この波形が上下に長いものほど音量が大きく、逆に短いものほど音量が小さいことを意味しています。したがって、波形を見ることで視覚的に音量を把握することが可能です。

動画や音声をカットするときは、波形が上下に短い箇所=音量が小さい箇所を探すと効率的にできます。

損をしたくないなら、PowerDirectorの種類・購入方法に注意
PowerDirectorには、さまざまなバージョンがあります。 筆者がそうだったように、「あまりにも種類が多すぎて、どれ...
【図解】PowerDirectorの詳しい使い方。実況動画を編集しよう
PowerDirectorは、サイバーリンクが開発・販売する動画編集ソフトです。 動画編集が初めてでも使いやすい ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)