損をしたくないなら、PowerDirectorの種類・購入方法に注意

この記事をシェアする

PowerDirector(PC版)には、さまざまなバージョンがあります。

icon
icon

筆者がそうだったように、「あまりにも種類が多すぎて、どれを買えばよいかわからない」ということがあるかもしれません。

かと言って、適当に買うと損をします

そこで今回は、PowerDirectorの種類、および安く買うための方法について見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

バージョンの違いを理解しよう

6種類のバージョンがあります。

各バージョンの違いが異常に複雑なのですが、Ultra365の2種類を基本に据えてください。

Standard

icon
icon

  • 特定の機能が制限されている(例 : モーショントラック
  • パッケージ版のみで、ダウンロード版はない
  • 公式サイトでは販売されていない

Ultra(おすすめ)

icon
icon

Ultimate

icon
icon

  • Ultraよりもエフェクト・テンプレートが多い
  • 公式サイトでのみ購入でき、Amazonや家電量販店では販売されていない
テンプレートとは、たとえば「ウェディングパック」であれば、結婚式をテーマにしたエフェクト集のことです。

Ultimate Suite

icon
icon

  • Ultimate SuiteとUltimateは、別バージョンで違うので注意
  • Ultimateよりも、さらにエフェクト・テンプレートが多い
  • 音声編集ソフト「AudioDirector」や、色編集ソフト「ColorDirector」が同梱

365(おすすめ)

icon
icon

  • サブスクリプション型
  • 最新バージョンがリリースされた場合、無償でアップグレードできる
  • PowerDirector用の有料アドオンicon(エフェクト、効果音・BGM)を無制限で使える
  • 公式サイトだと、セールで値引きされることが多い
  • 最大12か月契約ということもあり、Ultraのほぼ半額で買える
サブスクリプションというのは、使用期間に応じて料金を支払う契約のことです。1か月、12か月のいずれかの期間を選べます。

Director Suite 365

icon
icon

  • サブスクリプション型
  • 最新バージョンがリリースされた場合、無償でアップグレードできる
  • 「AudioDirector」「ColorDirector」に加え、画像編集ソフト「PhotoDirector」が同梱
  • PowerDirector、およびPhotoDirectorの有料アドオンを無制限で使える

どのバージョンがよいのか、結論

端的に言うと、筆者のおすすめはUltraです。

上位バージョンもありますが、ゲーム実況動画の編集では必要のないテンプレート・ソフトが付いています。価格の高い上位バージョンを購入する必要はありません。

ただし、バージョン18からは、Ultraにも機能制限が設けられました。特別困るというほどのことではありませんが、便利な新機能の一部が使えません。

PowerDirector 18で搭載された新機能まとめ。17とはここが違う
2019年9月25日、PowerDirector 18(以下、18)が発売されました。 そこで今回は、 18で...

もし毎年最新バージョンを使いたい場合は、365も選択肢に入ってきます。なぜなら、毎年Ultraを買うよりも、毎年365を買うほうが安いからです。

PowerDirectorは、毎年秋ごろに新バージョンが発売されるのが慣例となっています(例 : 17 → 18)。つねに最新バージョンにしたいなら365、そうでないならUltraです。

エディションの違いを理解しよう

安く製品を買いたいなら、さらにエディションという概念も覚えておきましょう。

公式サイトで買う場合

公式サイトicon(サイバーリンクオンラインストア)でPowerDirectorを買う場合、以下の3種類のエディションがあります。

  • 通常版
  • アップグレード版
  • 特別優待版

アップグレード版は、最新版より2バージョン以内のPowerDirectorを持っている人だけが割引価格で購入できます。

アップグレード版

たとえば、17を買いたい場合は、15または16を持っているユーザーだけが安く買えるということです。

特別優待版は、学生・教職員限定でUltimateを40%オフという破格の値段で購入できます。実際の販売価格については、下記公式サイトをご覧ください。

公式 学生・教職員向け 優待販売

Amazonなどで買う場合

Amazonや家電量販店でPowerDirectorを買う場合、重要なのは以下の3種類のエディションです。

  • 通常版
  • アカデミック版
  • 乗換えアップグレード版

いちばん価格が安いエディションは、学生・生徒向けのアカデミック版です。UltraUltimate Suiteのそれぞれに、アカデミック版があります。

created by Rinker
サイバーリンク
¥8,053 (2019/11/21 15:41:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
サイバーリンク
¥12,093 (2019/11/21 15:55:18時点 Amazon調べ-詳細)

安さでいうと、乗換えアップグレード版も見逃せません。サイバーリンクの製品、または他社の動画編集ソフトを持っているユーザーであれば、割引購入できます。ただし、フリーソフトや体験版は対象ではありません。

乗り換えアップグレード版

対象ユーザーの場合、このエディションを買うだけで完全版のPowerDirectorを入手できます。

どのサイトで買うのが賢いか

公式サイトが得なこともある

価格がいちばん安い場所で買うのが基本です。

ただ、見落としがちですが、公式サイトで買うほうが得する場合があります。理由は3つです。

  • 特別セール中のことがある
  • 10%オフになるクーポンコードが使える
  • 30日の返金保証がある

公式サイトiconでは、期間限定で特別セールが行われることがあります。念のためチェックしておきましょう。

たとえば2019年11月1日現在だと、11月5日までの期間限定でDirector Suite 365(12か月プラン)が25%オフとなっています。

クーポンコード、返金保証

クーポンコードについては、あらかじめ「CyberLink メンバーサイト」に登録しておくことで入手できます(無料)。

公式 CyberLink メンバーサイト

公式 クーポンコードのご利用方法

クーポンコードは、製品をカートに入れて購入するさいに入力します。忘れずにクーポンを適用してください。

もう1点重要なのが、公式サイトで製品を購入した場合にかぎり30日間の返金保証が付くという点です。ほかのオンラインサイトや、家電量販店で買った場合は、この保証はありません。

以上のことを考慮したうえで、どのサイトで購入するか決めましょう。

キャプチャーボード付属のPowerDirector

もしSwitchやPS4などの実況動画を投稿するつもりなら、下記製品のようなキャプチャーボードを購入する方法もあります。PowerDirectorが付属されています。

極端なことを言えば、この方法ならキャプチャーボードを買うだけで、PowerDirectorを無料入手できます。

ただし、注意点が2点あります。

  • 制限されている機能がある
  • 最新バージョンではない

どちらも事実上、実況動画の編集では問題になることはありません。しかし、もし不安が残る場合は、製品版のPowerDirectorを購入しましょう。

【図解】PowerDirectorの詳しい使い方。実況動画を編集しよう
PowerDirectorは、サイバーリンクが開発・販売する動画編集ソフトです。 動画編集が初めてでも使いやすい ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)

質問・コメント

  1. 草野 尚 より:

    UltraまたはUltimate Suiteは公式サイトでのみ購入→ コジマ キタムラ など 大手家電量販店で販売されてます。

    • 管理人 より:

      ありがとうございます。

      「UltraまたはUltimate Suiteは公式サイトでのみ購入」というのが
      どこの部分のことをおっしゃっているのか、よくわかりませんでした。

      下記公式ページによると、「PowerDirector 17 Ultimate」のところに
      「サイバーリンク Webサイト 限定版」とあります。
      https://jp.cyberlink.com/jpn/press_room/view_4354.html

      そこで私は、本文「Ultimate」のところに「公式サイトでのみ購入でき、
      Amazonや家電量販店では販売されていない」と書いた次第です。