ゲーム実況で使うGC573の購入ガイド・レビュー

この記事をシェアする

もし4K/60fps HDRで録画したいなら、GC573です。これは、AVerMediaから発売されているハイエンドモデルのキャプチャーボードです。

GC573
AVerMedia Live Gamer 4K GC573の外観(リンク先 : Amazon)。デスクトップPC専用です。

このページでは、GC573を購入すべきか迷っている方のために、ポイントや注意点を見ていきましょう。

スポンサーリンク

GC573の特長・メリット

4K/60fpsで録画できる

PS4 Proなど、4K対応ゲーム機の画面を4K/60fpsで録画できます。

4K/60fps

この点、一般的なキャプチャーボードは1080p/60fpsまでしか対応していません。

しかし、GC573は4K/60fpsまで対応しています。つまり、フルHD画質の上を行く、最高級の画質を楽しめます。

HDR録画に対応

HDRを有効にできる環境であれば、4K/60fpsのHDR映像を録画できます。HDR録画できる製品は、2019年のところ希少です。

HDR録画
▲このボタンをクリックしてオレンジ色に点灯させると、HDR録画が有効になります。

HDRは、一般論として自然な画質になる技術だと思ってください。明暗差が大きい映像でも、美しくリアルに表現できます。

1080p/240fps録画に対応

あなたがもし240Hz対応のモニターを持っているPCゲーマーなら、1080p/240fps録画できる点も見逃せません。

ふだん高リフレッシュモニターでゲームをプレイするときに見ている240fpsの映像を、そのままの滑らかさで録画できます。

RGB LED搭載

とくに意味はないのですが、3種類の発光パターンから好きなものを選択できます。もちろん、OFFにすることもできます。

使いやすいキャプチャーソフトが付属

RECentralというキャプチャーソフトが付属されています。

RECentral 4

このソフトには便利な機能がたくさんあります。製品を買った日から、すぐに使いこなせるようになるでしょう。

  • ライブ配信機能により、簡単な設定をするだけでゲーム配信ができる。
  • ゲームを録画して、自分の声を動画に入れることができる。
  • 声を別録りできる。
  • 時間を遡ってゲームプレイを再生・録画できる。
  • 簡易なカット編集ができる。
  • YouTubeに動画を直接アップロードできる。
とくにゲーム配信機能はRECentralの強みのひとつです。生配信があっというまにできます。

動画編集ソフトが付属

動画編集ソフトをわざわざ購入する必要はありません。なぜなら、「PowerDirector 15 for AVerMedia」が付属されているからです。

PowerDirector

PowerDirectorは、本格的な動画編集ができる定番のソフトです。もし実況動画の作成を考えているのであれば、これでじゅうぶんでしょう。

関連 【図解】PowerDirectorの詳しい使い方。実況動画を編集しよう

購入まえに「ここ」だけ確認しよう

PCI Express x4スロットを使う

GC573は、デスクトップPCのPCI Express x4スロットに取り付けます。もちろん、同スロットがPCにないならPCI Express x16スロットでもかまいません。

PCIe

x1接続の製品ではないので、注意してください。

PCスペックが心配なら「診断ツール」

PCのスペックは、多くの人が気になることかもしれません。4K対応製品というと、自分のPCで正常に動作するか不安なものです。

参考 ゲーム実況で必要なPCスペックと、おすすめPCの選び方

PC

じつは、GC573を購入するまえに、PCスペックを検証できます。公式サイトから「診断ツール」をダウンロードしましょう。

  1. 公式サイトにアクセスする。
  2. GC573 キャプチャーデバイスの専用診断ツール」をダウンロードする。
  3. ダウンロードしたZIPファイルを解凍する。
  4. 解凍してできた「AVerMedia Diagnosis Tool」フォルダを開き、「AVerMedia Diagnosis Tool」をダブルクリックする。
  5. 診断結果を確認する。

下位モデルGC573との違い

GC573の下位モデルとして、GC553があります。

ゲーム実況者のための GC553購入ガイド・レビュー
4K解像度に興味があるなら、ぜひGC553(GC553 Live Gamer Ultra)を覚えておきましょう。AVerMediaから発売さ...

下表をご覧ください。両製品の違いをまとめました。

GC573 GC553
PCとの接続 PCI Express x4(内蔵) USB 3.1(外付け)
4K録画時の最大フレームレート 60fps 30fps
4K HDR録画 対応 非対応
1080p/60fpsで対応
1080p録画時の最大フレームレート 240fps 120fps

GC573は、あらゆる面でGC553を超えるハイエンドモデルという位置づけです。ただ、そのぶん価格も上です。

予算が許すのであればGC573を推奨しますが、もしそうでないなら4K入門用としてGC553を選ぶとよいかもしれません。

少し細かいところだと、以下の2点も念のため押さえておいてください。

  • 遅延はGC573のほうが小さい(後述)。
  • GC573にはファンノイズがないが、GC553には多少ある。

付属品

付属品は下記画像のとおりです。

付属品

HDMIケーブル(画像2)は、1500mm長のものが1本付属されています。

PowerDirectorのライセンスキーコードカード(画像4)は、紛失しないようにしてください。これがないとライセンスキーを登録できず、PowerDirectorを使用できません。

遅延はどの程度か

PC画面上での遅延(ラグ)については、下表をご覧ください。

筆者による簡易計測 メーカーによる公称値 備考
4K/60fps 約0.07秒 約0.08秒前後 PC画面でのプレイもあり
1080p/60fps 約0.05秒 約0.06秒前後 PC画面でのプレイもあり

ゲームジャンルや慣れもありますが、この程度の遅延であればPCに映したゲーム画面を見ながらでもプレイは可能でしょう。

もっとも、どうしても遅延は許せないというのであれば、下図のようにパススルー出力してもかまいません。

パススルー

モニター・TVに映ったゲーム画面を見ながらプレイすることで、遅延のない、ふだんどおりのゲームプレイが可能です。

2つあるキャプチャーボードの遅延対策。パススルー出力と、分配出力
キャプチャーボードには、遅延(タイムラグ)があります。場合によっては、これが原因で快適にゲームをプレイできないことがあるでしょう。 ...

4K HDRについて

以下の2点を覚えておきましょう。

  • 4K環境がなくても使用は可能 - Switchも問題なし
  • (環境がないなら)HDR録画はハードルが高い

詳細については、GC553の記事をご覧ください。

ゲーム実況者のための GC553購入ガイド・レビュー
4K解像度に興味があるなら、ぜひGC553(GC553 Live Gamer Ultra)を覚えておきましょう。AVerMediaから発売さ...

PowerDirector 15は機能制限版だが、問題なし

GC573付属のPowerDirector 15は、機能限定版です。いくつかの編集機能がありませんが、実況動画の編集ではじゅうぶんな機能が搭載されています。

機能制限

詳細については、GC553の記事をご覧ください。

ゲーム実況者のための GC553購入ガイド・レビュー
4K解像度に興味があるなら、ぜひGC553(GC553 Live Gamer Ultra)を覚えておきましょう。AVerMediaから発売さ...

GC573の使い方は、別ページで解説

GC573を使いこなすためには、以下の事項をマスターしましょう。

  • RECentralのインストール方法
  • ゲーム機との接続方法
  • ゲーム画面をPCに映す方法
  • パススルー出力の方法
  • 録画・ライブ配信のやり方
  • HDR録画のやり方

詳しい使い方については、以下のページをご覧ください。製品を購入するまえに、ザッと一読しておくことをお勧めします。

【ガイド】GC573の使い方・設定方法
GC573の使い方について見ていきましょう。 この記事を読めば、以下のことをマスターできます。 接続方法、つな...

まとめ

GC573は、現在考えうるあらゆる機能を搭載したキャプチャーボードと言っても過言ではありません。いわば「ぜんぶ盛り」です。

  • 4K/60fps HDR録画対応
  • 1080p/240fps録画対応

この2点は、強烈なインパクトがあるでしょう。環境をそろえられる人は限られてきますが、ほかのキャプチャーボードとは一線を画す、唯一無二の製品です。

ライバル製品である「Elgato Game Capture 4K60 Pro」と比較すると、GC573の優位性がより明確になるでしょう。なぜなら、同製品よりも価格が安く、それでいてGC573はHDR録画にも対応しているからです。

HDRや240fpsに興味がある人はあまり多くないかもしれません。しかし、性能面で妥協したくないなら、GC573は現在のところ最強のキャプチャーボードと言えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)