【ミラーリング】Elgato Screen Linkの使い方。ゲーム配信で画面をPCに映す

この記事をシェアする

ミラーリングアプリであるElgato Screen Link(以下、Screen Link)を使えば、iPhoneの画面をワイヤレスでPCに映すことができます。

Elgato Screen Link

今回は、ライブ配信でiPhoneの画面をPCに映すための設定方法について見ていきましょう。Screen Linkの使い方は簡単です。

なお、Windows PCの使用、およびWi-Fi環境があることを前提としています。

スポンサーリンク

必要なものを用意しよう

Screen Link

まず、Screen LinkをiPhoneにインストールします。これはPC用のアプリではありません。iOS用です。

Elgato Screen Link

Elgato Screen Link

Corsair Components, Inc.無料posted withアプリーチ

4K Capture Utility for Windows(重要)

つぎに、4K Capture Utility for Windows(以下、4K Capture Utility)をPCにインストールしてください。

  1. 公式サイトにアクセスする。
  2. 「4K Capture Utility for Windows」の「ダウンロード」をクリックする。
  3. ダウンロードしたファイルをダブルクリックする。
  4. 画面を順に進めていく。

公式サイト
▲「4K Capture Utility for Windows」をダウンロードします。「Game Capture for Windows」とまちがえないようにしてください。

これは、iPhoneから送られてきた画面をPCに映したり、録画するためのキャプチャーソフトです。ただ、配信では使いません。

Elgato Screen Link

では、なぜ4K Capture Utilityをインストールするのかというと、いっしょにインストールされるプラグインのためです。配信では、このプラグインこそが重要です。

4K Capture Utilityをインストールしていない場合、iPhoneの画面をPCに映すための設定が配信ソフトでできません。必ずインストールしましょう。

配信ソフト

配信ソフトは、一般的なものであればどのようなものでもかまいません。

おすすめの配信ソフトはどれか。目的別、サイト別に一覧・比較してみた
ライブ配信で使う配信ソフトには、さまざまな種類があります。では、どの配信ソフトを使えばよいのでしょうか。 このページでは、各配...

試用版には15分制限がある

Screen Linkは、無料で使うことができます。

しかし、その場合は15分で画面が映らなくなります。もちろん、設定すればすぐに再開できるのですが、やはり15分で画面が消えます。

15分経過
▲15分制限で表示される画面

無料版の制限を解除するには、Screen Link Proにアップグレードしなくてはいけません。1,200円します。

Screen Link Pro

もし、ほかのミラーリングソフトを使ってみたいという場合は、下記ページをご覧ください。

【Wi-Fi】簡単。iPhoneの画面をPCに映してミラーリングする方法。アプリも紹介
iPhoneの画面をPCに映すためには、ミラーリングソフトが必要です。 たとえば、iPhoneの画面をPCに映して、PCでライ...

iPhoneで「画面収録」をタップしよう

この部分の設定は、毎回必須です。忘れないようにしましょう。

  1. iPhoneでコントロールセンターを表示します。
  2. コントロールセンター

  1. 「画面収録」ボタンを強く長押しします。
  2. 「画面収録」ボタン

  3. 同ボタンがない場合は、「『画面収録』の設定をしよう」をご覧ください。
  4. 画面収録

  5. Screen Link」をタップし、チェックを入れた状態にします。
  6. Screen Link

  7. ブロードキャストを開始」をタップします。ライブ配信が始まるわけではないので、心配ありません。
  8. ブロードキャストを開始

  9. カウントダウンが始まります。iPhoneから画面が出力されているので、配信ソフトの設定に移りましょう
  10. カウントダウン

  11. なお、「おやすみモード」に設定しておけば、着信や通知が画面に出るのを防止できます。
  12. おやすみモード

OBSにiPhoneの画面を映そう

4K Capture Utilityを閉じる

まず、4K Capture Utilityを起動している場合は終了します。起動していると、OBSのほうに画面が映らないからです。

4K Capture Utilityを終了

「映像キャプチャデバイス」を追加する

つぎに、「ソース」の「+」から「映像キャプチャデバイス」を選択します。

映像キャプチャデバイスを追加

適当な名前を付けて「OK」をクリックします。そのままの名前でもかまいません。

OKをクリック

「Elgato Screen Link」を選択する

あとは「デバイス」で「Elgato Screen Link」を選択するだけです。ほかに設定は必要ありません。

Elgato Screen Linkを選択
▲「Elgato Screen Link」を選択すると、iPhoneの画面が映ります。ゲームを起動すれば、このようにゲーム画面が表示されます。

もし「Elgato Screen Link」が表示されていない場合は、4K Capture Utilityをインストールできていません。

最後に「OK」をクリックして完了です。

細かな設定については、下記ページをご覧ください。

OBS Studioの詳しい使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフト(配信ソフト)です。詳しい使い方を見ていきましょう...
スポンサーリンク
レクタングル(大)

ほかの配信ソフトの設定

XSplit

XSplitでの設定方法は、以下のとおりです。

  1. 4K Capture Utilityを終了させておく(重要)。
  2. 「ソースの追加」をクリックする。
  3. デバイス(ウェブカメラ、キャプチャカード...)」→「ビデオ」の順にカーソルを合わせる。
  4. 「Elgato Screen Link」をクリックする。

XSplit

SLOBS

SLOBSでの設定方法は、OBSの場合と変わりません。同じです。

  1. 4K Capture Utilityを終了させておく(重要)。
  2. 「ソース」の「+」から「ビデオキャプチャーデバイス」をクリックする。
  3. 「ソースを追加します。」をクリックする。
  4. 適当な名前を付けて、「新しいソースを追加します。」をクリックする。
  5. 「Device」で「Elgato Screen Link」を選択する。
  6. 「完成」をクリックする。

SLOBS

細かな設定については、下記ページをご覧ください。

Streamlabs OBSの詳しい使い方・設定方法
Streamlabs OBS(以下、SLOBS)は、無料で使えるライブ配信用ソフトです。使い方を詳しく見ていきましょう。 Wi...

ゲーム音について

iPhoneから出ているゲーム音を聞く

すでに気づかれているかもしれませんが、ゲーム音はiPhoneからも出力されます。

ミラーリング

ミラーリング中は、iPhoneのスピーカー、またはiPhoneに接続したイヤホンからゲーム音を聞いてください。遅延しているゲーム音を聞かずにすむので、快適にゲームをプレイできます。

Screen Linkの場合、ミラーリング中でもiPhoneからゲーム音が出ます。ほかのミラーリングソフトとの大きな違いと言えるでしょう。

なお、iPhoneとPCをオーディオケーブルで接続すれば、PCで遅延なしにゲーム音を聞くこともできますが、やり方は省略します。

PCからゲーム音が聞こえない?

ひょっとしたら、「PCからゲーム音が出ていない、自分にゲーム音が聞こえない」という人がいるかもしれません。

しかし、まったく問題ありません。配信ソフトの設定で自分にゲーム音が聞こえない設定になっているだけで、視聴者には聞こえています。

もちろん、配信ソフトの設定を変えることによって、自分にもゲーム音を聞こえるようにはできます。ただ、PCから出るゲーム音は遅延しているので、聞いたところであまり意味がありません。

関連 音声をモニタリングする

したがって、PCからゲーム音が聞こえなくても問題はありません。

iPhoneからゲーム音が聞こえない?

以下の2点を確認してください。

  • iPhoneのマナーモードを解除する。
  • iPhoneの音量を上げる。

マイク音は遅延させたほうがよい

Screen Linkのデメリットのひとつは、ゲーム画面・ゲーム音の遅延が大きいという点です。どんなに設定を変更しても、少なくとも約2秒の遅延があります。

Elgato Screen Link - A Free App To Capture iOS Gameplay Without Accessories

この遅延が原因で、視聴者からするとマイク音がゲーム画面・ゲーム音よりも早く聞こえるという状況になります。

たとえば、(1)配信者がゲームをプレイ中に敵を発見し、(2)「あ、敵だ!」と叫んだとしましょう。視聴者には、まず「あ、敵だ!」という配信者の声が最初に聞こえます。その2秒後に敵が表示されます。

遅延

なぜ順番がおかしくなるかというと、

  • PCに映っているiPhoneの画面は、実際より数秒遅延している(ミラーリングが原因)
  • しかし、ゲームプレイ時に配信者が見ているiPhoneの画面は、遅延していない
  • マイクの音も遅延していない

という3つの事情があるからです。

対処法は、マイクの音を遅らせることです。たとえば、OBSの場合は以下のように設定しましょう。

  1. OBSでマイクの設定をする(やり方)。
  2. 「編集」→「オーディオの詳細プロパティ」の順にクリックする。
  3. 「マイク」の「同期オフセット (ミリ秒)」に数字を入力する(例 : 2000)。

同期オフセット

SLOBSやXSplitでもマイクの音を遅延させることができます。

  • SLOBS : 「ミキサー」の歯車アイコン → 「マイク」の「同期オフセット」
  • XSplit : 歯車アイコン → 「マイク」の「遅延」

画面収録を終了する方法

ミラーリングを終わらせるには、コントロールセンターを再度開きます。そのうえで、「画面収録」をタップしましょう。

画面収録の終了

試用版の場合、15分で画面が映らなくなるので、この場合もいったんミラーリングを終了させる必要があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)