PowerDirectorでトランジションを入れる方法。簡単にオシャレ感アップ

この記事をシェアする

ある場面から別の画面に切り替わるさい、エフェクトを入れることで滑らかに画面を切り替えることができます。

このエフェクトのことをトランジションといいます。

トランジションの使い方は難しくありません。PowerDirectorには、最初から約200種類のトランジションが用意されています。好きなものを選びましょう。

簡単な操作をするだけでセンスのよい動画を作れます。

解説では、PowerDirector 365(バージョン19相当)のユーザーを対象にしています。

【スポンサーリンク】

トランジションを追加しよう

まずは、複数の素材を用意しましょう。1個の素材をカット編集してもよいですし、複数の素材を同一トラック上に詰めて配置する方法でもかまいません。

複数のイメージクリップ

つぎに、「トランジション ルーム」をクリックします。

トランジションルーム

すべて表示」をクリックすると、現在使用できる全トランジションが表示されます。すぐ下にあるカテゴリーもうまく使いましょう。

トランジションルーム
目的のトランジションを探しづらい場合は、カテゴリーごとに表示することもできます。個人的におすすめのカテゴリーは、「幾何学模様」と「歪み」です。

任意のトランジションを、タイムラインの素材と素材のあいだに(つなぎ目に)ドラッグ&ドロップしてください。

トランジションをドラッグ&ドロップ

トランジションが適用されました。完成です。

トランジションが適用された

長さを調整しよう

実際にトランジションを入れて再生してみると、「もうちょっと長さを変えたいな」と思うことがあるかもしれません。

長さ(表示時間)を変えたい場合は、トランジションの端にカーソルを合わせて左右にドラッグしましょう。

トランジションの長さ変更

トランジションを長くするほどゆっくりと変化し、短くするほど速く変化します。好みで決めてください。

時計のアイコンからもトランジションの長さを変更できます。直接数字を打ち込むやり方です。

時計アイコン

トランジションの長さは初期設定で2秒になっていますが、これは自分で変更してもかまいません。

  1. 右上の歯車アイコンをクリックする。
  2. 「編集」をクリックする。
  3. トランジション」を任意の数字にする(例 : 1秒)
  4. 「OK」をクリックする。

トランジション初期設定
▲かりに1秒に設定したとすると、標準で適用されるトランジションの長さは1秒になります。

お気に入り登録しよう

気に入ったトランジションは、すぐに見つけ出せるようにしておきましょう。お気に入り登録を使います。

やり方は簡単です。気に入ったトランジションにカーソルを重ねてください。すると、ハートのアイコンが表示されるのでクリックします。

お気に入り

お気に入りに追加したトランジションは、今後「お気に入り」カテゴリーから選ぶことができるようになりました。

「お気に入り」カテゴリー

お気に入りから外したくなったら、ハートのアイコンを再度クリックします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

一括で追加しよう

複数の箇所にトランジションを1個ずつドラッグ&ドロップするのは少し手間です。そこで、複数の箇所に一括で(まとめて)トランジションを入れてみましょう。

トランジションを複数追加

まず、任意のトランジションをクリックします。どれでもかまいません。必ずクリックします。

トランジションを選択

すると、2つのボタンが表示されました。右側のボタンをクリックしてください。トランジションをクリックしないとボタンは表示されません。

右側のボタン、選択したトランジションを選択したトラック上のすべての動画に適用

聞き慣れない用語が出てきますが、「クロス トランジション」または「オーバーラップ トランジション」を選びます(後述)。

メニュー表示
▲今回は「クロス トランジション」にしました。

すると、同一トラック上にあるすべての素材にトランジションが適用されます。ボタン一発でできました。

トランジションが適用された

なにも反応がなく、トランジションを追加できない場合は、トラックの空白部分(黒い部分)をクリックするか、または素材をクリックします。そのうえで、再度ボタンをクリックしましょう。

トランジションの種類・長さを一括で変更したい場合は、以下のように設定します。

  1. あらかじめトランジションを複数箇所に適用しておく。
  2. 任意のトランジションをダブルクリックする。
  3. 「すべてに適用」をクリックする。

すべてに適用
▲たとえば、先頭のトランジションをほかのトランジションにも一括で変更したい場合、ダブルクリックして「すべてに適用」をクリックします。

削除しよう

トランジションを削除するには、クリックしてDeleteキーを押します。

複数のトランジションを一括削除したい場合は、Ctrlキーでトランジションをすべて選択し、その後Deleteキーを押してください。

クロスとオーバーラップの違い

さきほどの説明で出てきた「クロス トランジション」と「オーバーラップ トランジション」は、どのような違いがあるのでしょうか。

クロス、オーバーラップ

覚えておきたいのは、トランジションを適用したさいに動画の長さに影響するかどうかという点です。

  • クロス : 動画の長さは変わらない
  • オーバーラップ : 動画が短くなる

オーバーラップの場合、エフェクトの時間だけ動画が短くなります。その結果、別トラック上の素材の表示タイミングがズレる可能性があります。

比較
▲オーバーラップでは動画が短くなり、字幕の表示タイミングがズレています。

ただ、どちらを選んだとしても神経質になる必要はありません。事後的に設定変更できるからです。

  1. トランジションを適用する。
  2. タイムライン上のトランジションをダブルクリックする。
  3. 「クロス」または「オーバーラップ」をクリックする。

トランジション動作

実際に両方のトランジションを試してみて、どちらのほうがよいのか検証してみてください。

初期設定ではオーバーラップになっています。しかし、これも変更できます。

  1. 右上の歯車アイコンをクリックする。
  2. 「編集」をクリックする。
  3. デフォルトのトランジション動作」を「クロス」または「オーバーラップ」にする。
  4. 「OK」をクリックする。

トランジション動作の初期設定

まとめ

トランジションを入れる方法は大きく2種類です。

  • ドラッグ&ドロップ(1個追加)
  • ボタンをクリック(複数追加)

必要に応じてこの2つを使い分けましょう。

トランジションの種類・表示時間を変更・調整するだけで、動画の印象がガラッと変わります。自分の意図に合致するような演出を狙ってみてください。

【図解】PowerDirectorの詳しい使い方。実況動画を編集しよう
PowerDirectorは、サイバーリンクが開発・販売する動画編集ソフトです。 以下のような特長があります。 ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)