最新OBSだけで、ゲーム・Discord・マイクを3つの音声に分けられます

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)を使用していると、音声を分けたいというケースがあるかもしれません。

音声を分ける

たとえば、以下のようなケースです。

  • 複数のアプリの音を分けたい
  • ゲーム音・マイク音を分けたい

設定方法は複雑になりますが、OBSでやる方法について見ていきましょう。

Windows PCの使用を前提にしています。

【スポンサーリンク】

【重要】目的を確認しよう

デスクトップ音声を分けて録画

今回想定しているのは、録画目的でOBSを使用する場合で、かつ複数のアプリの音(デスクトップ音声)を分けて動画に入れたいというケースです。

OBSでゲームを録画するための設定方法。いきなり「録画開始」していませんか?
OBS Studio(以下OBS)を使って、無料でゲーム画面を録画してみましょう。 OBSは基本的にライブ配信用のソフトとして...

たとえば、PCゲームの音・Discordの通話相手の声を分けて録画し、それぞれの音声を別々に編集したいというケースがこれに該当します。

ボイスチャンネルに参加

それ以外は? → 別ページで

もしゲーム音・マイク音(自分の声)の2つを分けて録画したいだけという場合は、下記ページにやり方をまとめました。

【OBS】ゲーム音・マイク音を分けて、別々に録画する方法。別撮りのポイント
OBS Studio(以下OBS)でも別撮りできます。 ここでいう別撮りとは、1個の動画内でゲーム音・マイク音を2つに分けて録...

また、ライブ配信で音声を分けたい場合については、下記ページをご覧ください。不要な音を入れず、ゲーム音だけをライブ配信で流せます

【OBS】待望の新機能。指定したアプリ・ゲーム音「だけ」流せるようになりました
バージョン28.0以降のOBS Studio(以下OBS)では、特定の音だけを配信に乗せる機能が搭載されています。 たとえば、...

トラブル回避のために確認しよう

28.0以降を使用

この記事の解説では、OBSのバージョンが28.0以降であることを前提にしています。

同バージョンで搭載された新機能、「アプリケーション音声キャプチャ」を使うためです。28.0未満であってもプラグインで同じことができますが、今回は割愛します。

アプリケーション音声キャプチャ

問題なく録画できるか

これから設定していくまえに、問題なく録画できていることを確認しましょう。具体的には2点です。

  • デスクトップ音声(例 : PCゲーム音)が入っていること
  • マイク音が入っていること

なぜかというと、記事のとおりにOBSの設定を行っているにもかかわらず、あとで動画を再生・編集するときになって音が聞こえないことがあり(後述)、事前に問題の切り分けを行っておく必要があるからです。

もし記事を読むまえの現段階で音声トラブルを抱えている場合は、下記ページをご覧ください。

【OBS】こんなときは?よくあるトラブル、よくある質問まとめ
OBS Studio(以下OBS)でトラブルが起きた場合の対処法、およびQ&Aをまとめました。 「Yahoo!リアルタイム検索...

難度は高め

設定は難しく感じるかもしれません。複数箇所の設定を行う必要があるうえに、初心者がつまずきやすい部分が数多く存在します。用語も難解です。

もしOBSに慣れていないなら、この記事に書いてある設定方法は推奨しません。また、動画編集を経験したことがない場合も厳しいものがあります。

OBSでゲームを録画するための設定方法。いきなり「録画開始」していませんか?
OBS Studio(以下OBS)を使って、無料でゲーム画面を録画してみましょう。 OBSは基本的にライブ配信用のソフトとして...
動画編集の始め方・やり方を3ステップで理解するチュートリアル
もし動画編集が初めてなら、まずは動画投稿までの編集の流れを理解しましょう。 どの編集ソフトを使う場合でも、すべきことは決まって...

設定の流れ

設定の大まかな流れは4段階です。

  1. デスクトップ音声を無効にする。
  2. ソースとして「アプリケーション音声キャプチャ」を2回追加する。
  3. 音声トラックの設定を行う。
  4. 録画する。

難しいのが3番めです。順番に見ていきましょう。

デスクトップ音声を無効にする

まず前提として、「設定」→「音声」の「デスクトップ音声」を「無効」にします。

「デスクトップ音声」を「無効」に

または、初期設定の「既定」のままでもかまいませんが、その場合は「音声ミキサー」の「デスクトップ音声」をミュートにします。

「デスクトップ音声」をミュートに

どちらのやり方でもかまいません。どちらにすべきか迷った場合は、最初に書いた方法にしておきましょう。そのほうが確実です。

なぜデスクトップ音声の設定変更が必要かというと、デスクトップ音声が有効のままだと音が二重になって金属音のように聞こえたり、配信に乗せたくない音が乗る場合があるからです。

デスクトップ音声については、いつもとは違う設定になります。

「設定」→「音声」でデスクトップ音声を無効にした場合、「音声ミキサー」から「デスクトップ音声」の表示が消えます。しかし、問題ありません。正常です。

音声ミキサー

ソースを2回追加する

まず、動画に入れたい音を設定していきます。今回は例として、PCゲームの音を入れる設定を行います。

  1. PCゲームを起動しておく。
  2. 「ソース」の「+」から「アプリケーション音声キャプチャ」を追加する。
  3. わかりやすい名前にする(例 : 「ゲーム音」)。
  4. 「OK」をクリックする。
  5. 「ウィンドウ」の部分でPCゲームを選択する。

任意のアプリを選択

注意したいのですが、この設定をしないとPCゲームの音が動画に入りません。通常の録画とは設定が異なる部分です。

そして、再度「アプリケーション音声キャプチャ」を追加しましょう。今回は、Discordの通話相手の声を入れるものと仮定します。

  1. Discordを起動しておく。
  2. 「ソース」の「+」から「アプリケーション音声キャプチャ」を追加する(2回め)。
  3. わかりやすい名前にする(例 : 「通話相手の声」)。
  4. 「OK」をクリックする。
  5. 「ウィンドウ」の部分でDiscordを選択する。

Discord

通話相手の声を動画に入れるための設定です。この部分も通常の録画時の設定とは異なります。

今回はPCゲーム・Discordを例にしましたが、自分が動画に入れたいアプリの音を「ウィンドウ」で選択してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

複数の音声トラックを作成する

音声トラックとは

「アプリケーション音声キャプチャ」の追加と同じくらい重要なのが、音声トラックの設定です。

音声トラックとは、複数の音声を動画に入れるための領域のことをさしています。「領域」といっても目には見えません。

マルチトラック

机の引き出しに物を収納していくところをイメージしてください。引き出し(=トラック)を3つ作り、それぞれに物(=音声)を1個ずつ入れます。

音声トラックの設定を行うことで、録画後の動画編集時にゲーム音・通話相手の声・自分の声を分けて編集できるようになります。

  • 個別に音量調整する(大きく or 小さく)
  • 個別に音量をミュートにする
  • 個別にエフェクトをかける

このように複数の領域を作る設定のことをマルチトラックといいます。

【OBS】ゲーム音・マイク音を分けて、別々に録画する方法。別撮りのポイント
OBS Studio(以下OBS)でも別撮りできます。 ここでいう別撮りとは、1個の動画内でゲーム音・マイク音を2つに分けて録...

OBSの設定

OBSで以下のように設定しましょう。

  1. 「設定」→「出力」の順にクリックする。
  2. 「出力モード」を「詳細」にする。
  3. 「録画」タブを開く。
  4. 「録画フォーマット」を「mkv」または「mp4」にする(初期設定は前者)。
  5. 音声トラック」の部分で、「1」「2」「3」の3つにチェックを入れる。
  6. 「OK」をクリックする。

「設定」→「出力」

注意点が多いのですが、まず「録画フォーマット」が「flv」だとマルチトラックにできません。初期設定の「mkv」、または「mp4」にする必要があります。

また、「音声トラック」の部分で「1」のみを選択した場合も、マルチトラックにできません。必ず複数のトラックを選択してください。

マルチトラック

たとえば、「1」「2」「3」を選択することで3個の音声トラックを作成できます。自分が動画に入れたい音声の数だけ選択してください。

  • PCゲームの音 - 1個
  • 通話相手の声 - 2個
  • 自分の声 - 3個

各トラックに入れる音声を選択する

具体例

複数の音声トラックを作る設定ができました。つぎは、どのトラックにどの音声を入れるのかという設定を行います。

たとえば、以下のようにするとしましょう。

  • トラック1 : PCゲームの音を入れたい
  • トラック2 : 通話相手の声を入れたい
  • トラック3 : 自分の声を入れたい

オーディオの詳細プロパティ

オーディオの詳細プロパティ」を開きます。

オーディオの詳細プロパティ
▲ここに歯車アイコンがない場合は、上部メニューバー「編集」→「オーディオの詳細プロパティ」でも開けます(バージョン28.0以上で同アイコンが表示)。

トラックの設定

そして、どのトラックにどの音声を入れるのか設定していきます。

  1. 「ゲーム音」のトラック「1」のみにチェックを入れる。
  2. 「通話相手の声」のトラック「2」のみにチェックを入れる。
  3. 「マイク」のトラック「3」のみにチェックを入れる。
  4. 設定画面を閉じる。

オーディオの詳細プロパティ
▲ひとつの音声につき1個のトラックを割り当てました(青色の部分)。よけいなチェックは外します。

このように設定することで、PCゲーム音はトラック1に入り、通話相手の声はトラック2に入るようになりました。自分の声はトラック3に入ります。

どの音をどのトラックに入れるかは、自由に決めてください。たとえば、PCゲーム音をトラック「3」、自分の声をトラック「1」にしてもかまいません。

基本的には、ひとつの音声につき1個のトラックを割り当てる設定にします。

たとえば、「ゲーム音」の部分ではトラック「1」のみにチェックを入れます。「1」および「2」の両方には入れません。今回は、ひとつの音声はひとつのトラックにのみ入れるという設定にしています。

ただ、このあたりは上述したトラック数との関連で自由に決めてもかまいません。

一例ですが、トラックを4個作る設定にします。「設定」→「出力」→「録画」→「音声トラック」の部分です。

音声トラック

そして、トラック「1」にすべての音声を入れて、トラック「2」にはPCゲーム音、トラック「3」には通話相手の声、トラック「4」には自分の声、という設定にもできます。

オーディオの詳細プロパティ

録画・編集する

音が聞こえない?

あとは通常どおり録画しましょう。「録画開始」ボタンをクリックし、話しながらゲームをプレイします。

録画開始

ただ、録画停止後に最大の難関が待ち受けています。動画を再生してもすべての音が聞こえるとは限りません

たとえば、「ゲーム音は聞こえるのに、通話相手の声・自分の声が聞こえない」などの状態です。聞こえる音、聞こえない音はトラックの設定に依存します。

編集ソフトに注意

しかし、これは不具合ではありません。

マルチトラックオーディオの読み込みに対応した動画編集ソフトを使えば、きちんとすべての音が再生されます。

Premiere Pro
▲動画編集ソフトのPremiere Proは対応しています。

詳細については、下記ページにまとめました。対応ソフトを使うことで各音声を別々に音声編集できます。

【ゲーム実況】声を録音するための最新方法。別撮り・まとめ撮りのメリット・デメリット
ゲーム実況といえば声です。動画に自分の声を入れて初めてゲーム実況になります。 では、どうすれば自分の声(マイク音声)を録音でき...
動画編集ソフトがマルチトラックオーディオの読み込みに対応していない場合の対処法
動画編集ソフトでマルチトラックオーディオの実況動画を読み込んだのに、ゲーム音またはマイク音が聞こえないことがあります。 原因は...

まとめ

デスクトップ音声を分けて録画する設定は、とても複雑です。

ポイントを抑えておきましょう。

  • トラックの設定をするまえに、問題なく録画・録音できていることを確認する
  • デスクトップ音声は無効にする
  • 「アプリケーション音声キャプチャ」は2回追加する
  • マルチトラックの設定を適切に行う
  • 使用する動画編集ソフトに注意する

OBSの使い方については、下記ページもご覧ください。

【OBS】知っていると、チョットだけ得するかもしれない便利機能まとめ
OBS Studio(以下OBS)には、知っておくと便利な機能がたくさん搭載されています。 もちろん、知らなくても配信はできる...
スポンサーリンク
レクタングル(大)