PowerDirectorで動画を開く方法と、タイムラインに配置するときのコツ

この記事をシェアする

PowerDirectorで動画編集するためには、最初に動画を読み込む(開く)必要があります。

ライブラリー

逆に言うと、動画を読み込まないことには編集を始められません。動画編集を始めるための第一歩であり、とても重要な部分です。

解説では、2018年9月26日に発売されたPowerDirector 17を使用しています。

スポンサーリンク

PowerDirectorを起動しよう

動画の縦横比

まず、PowerDirectorを起動しましょう。「動画の縦横比」は、通常は16:9のままでかまいません。

縦横比

もし縦横比の設定が不適切だと、画面の周りに黒帯が表示されます。ただ、あとで設定を変更できるので、あまり気にする必要はありません。

編集モード

縦横比の下には、複数の編集モードが並んでいます。

編集モード

難しそうに見えますが、ここは「タイムラインモード」を選択してください。少なくとも実況動画の編集では、ほかのモードを使うことはありません。

タイムラインモードを選んでおけば、本格的な動画編集ができます。

素材を読み込もう

いよいよ動画などの素材を読み込みます。

  1. 素材を読み込むためには、「編集」タブの「メディア ルーム」を開きます。
  2. メディアルーム

  1. 「メディアの読み込み」(フォルダーのアイコン)から、「メディア ファイルの読み込み」をクリックします。
  2. メディアファイルの読み込み

  3. 任意の素材を選びます。複数の素材を選択したい場合は、Ctrlキーを押しながら素材をクリックします。
  4. 素材選択

  5. 素材を読み込むとサムネイルが表示されます。この場所のことをライブラリーというので覚えておきましょう。
  6. ライブラリ

  7. 素材の読み込み方法として、素材をライブラリーにドラッグ&ドロップするやり方もあります。どちらでもかまいません。
  8. ドラッグ&ドロップ

  9. 読み込んだ素材は、プレビューウィンドウで内容を確認できます。
  10. プレビュー

  11. なお、素材のことを別名でクリップと言うこともあります。

素材を1個だけ配置しよう

タイムラインにドラッグ&ドロップ

素材を読み込んだら、タイムラインと呼ばれる部分に素材をドラッグ&ドロップしましょう。

タイムラインにドラッグ&ドロップ

タイムラインは、各種素材を配置する場所です。実際の作業場だと思ってください。編集したい素材は、すべてここに配置します。

タイムライン

試しに動画を再生してみましょう。目盛の任意の位置をクリックして、再生ボタンをクリックします。Spaceキーでもかまいません。

目盛

タイムライン上での前後位置

動画を再生するとわかりやすいのですが、タイムラインの目盛は時間の流れを意味しています。

したがって、素材をタイムラインの前側(左側)に配置するのか、それとも後ろ側(右側)に配置するのか、よく考える必要があります。

素材の前後の位置を変えたい場合は、素材の上にカーソルを合わせてください。そして、手のアイコンが表示された状態で、左右いずれかの方向にドラッグします。

必ず手のアイコンが表示された状態でドラッグしましょう。

もし手のアイコンが表示されないときは、以下のようにしてください。

  1. 素材をクリックする(全体が青色になる)。
  2. カーソルを素材の中央付近に合わせる。

複数の素材を配置して結合しよう

通常の結合

ここまでは、1個の素材をタイムラインに配置する場合を見てきました。

では、複数の素材をタイムラインに配置し、つなげるにはどうしたらよいのでしょうか。2個めの素材を配置する位置が重要になってきます。

2個めの素材を1個めの素材の後ろにドラッグ&ドロップした場合、これは問題ありません。簡単です。

素材の後ろにドラッグ&ドロップ

Spaceキーを押して動画を確認しましょう。

このとき、途中で自動的に動画が止まる場合は、以下のように設定することで改善できます。

  1. 画面上部の歯車アイコンをクリックする。
  2. 左メニューの「編集」をクリックする。
  3. 「再生中ムービー モードに自動的に切り替える」にチェックを入れる。
  4. 「OK」をクリックする。

特殊な結合

注意したいのは、2個めの素材を1個めの素材の上に、重ねるようにしてドラッグ&ドロップした場合です。このとき、下記画像のような選択肢が表示されます。

素材上にドラッグ&ドロップ

自分がどのような動画にしたいのかによって、選ぶべき項目は異なります。詳細については、公式ユーザーガイドの「クリップの追加」を参照してください。

挿入
▲「挿入」を選ぶと、このように1個めの素材に割って入ります。

もし操作方法をまちがえた場合は、編集作業を戻しましょう。

  • 元に戻す : Ctrlキー + Zキー
  • やり直し : Ctrlキー + Yキー

少し細かい設定を確認しておこう

フレームレートの設定

これはわかる人だけでよいのですが、初期設定では60fpsの動画をタイムラインに配置した場合でも、30fpsで再生されます。

60fpsの動画は60fpsで編集したいので、初期設定を変更しましょう。

  1. 画面上部の歯車アイコンをクリックする。
  2. 「全般」タブを開く。
  3. 「タイムライン フレームレート」を「60 FPS (NTSC)」にする。
  4. 「OK」をクリックする。

60fps

縦横比の設定

動画をタイムラインに配置したさい、「縦横比が一致しません」というエラーが出る場合があります。このようなときは、「OK」を選べば問題ありません。

もしまちがえて「いいえ」をクリックした場合は、設定を変更しましょう。

  1. 画面上部の、縦横比が書かれてあるアイコンをクリックする。
  2. 任意の縦横比を選択する。

アスペクト比

プロジェクトを保存しよう

動画編集というのは、すぐに作業が終わるとは限りません。凝った編集になると何時間、あるいは何日とかかることがあります。

そうすると、途中で編集作業をやめて後日再開したいということもあるでしょう。そこで、編集作業を保存しておきます。

編集作業を保存しておけば、いつでも編集を再開できます。タイムラインに配置した素材の位置も、すべてそのままです。

やり方ですが、画面上部の「プロジェクトの保存」をクリックしてください。

プロジェクトの保存

保存したプロジェクトは、「ファイル」→「プロジェクトを開く」で開くことができます。

なお、動画を保存・出力する方法については、下記ページをご覧ください。

PowerDirectorで動画を保存する方法。YouTube用に高画質な動画を出力しよう
編集が完了したら、最後の締めとして動画を保存しましょう。 こうすることで、 編集した動画をいつでも見られる ...

まとめ

今回は動画を読み込む方法を解説しましたが、画像についても基本的には同じやり方になります。

BGMなどの音声については、配置するタイムラインの欄が違います。音符の欄に配置する必要があるので、そこは注意が必要です。

参考 【詳説】PowerDirectorでBGM・効果音を入れて、音声を編集する方法

トラックの種類

いずれにせよ、素材を読み込んでタイムラインに配置することが動画編集のスタートラインです。必ずマスターしましょう。これができたらカット編集に挑戦です。

PowerDirectorでカット編集する方法、全5種類
不要なシーンをPowerDirectorでカットしてみましょう。 たとえば、実況動画であれば以下のようなシーンをカットします。...
損をしたくないなら、PowerDirectorの種類・購入方法に注意
PowerDirectorには、さまざまなバージョンがあります。 筆者がそうだったように、「あまりにも種類が多すぎて、どれ...
【図解】PowerDirectorの詳しい使い方。実況動画を編集しよう
PowerDirectorは、サイバーリンクが開発・販売する動画編集ソフトです。 動画編集が初めてでも使いやすい ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)