3つの要素で理解する、PowerDirectorの編集画面の見方

この記事をシェアする

PowerDirectorで動画編集するときは、「編集」タブを開いて行います。

PowerDirector

ここにはいろいろな情報が表示されています。最初は複雑さに驚くかもしれません。編集画面の見方についてご紹介します。

解説では、2018年9月26日に発売されたPowerDirector 17を使用しています。

スポンサーリンク

画面を構成する3つの要素を理解しよう

PowerDirectorの画面は、大きく3つの要素で構成されています。

PowerDirectorの画面構成

なんとなく難しく見えるかもしれません。しかし、3つある要素のそれぞれの役割を理解すれば、スッキリします。

  • ルーム - 素材集
  • プレビューウィンドウ - 動画を再生
  • タイムライン - 素材を配置

ルームは素材集

ルームには、さまざまな種類のアイコンが並んでいます。いくつか重要なものを見ておきましょう。

ルーム

メディアルーム

いちばん頻繁に使うのが「メディア ルーム」です。たとえば、動画を読み込むときは最初にメディアルームを開きます。

メディアルーム

動画編集をするさいに必ずといってよいほど開くので、基本的にはメディアルームを開きっぱなしにしておくことが多いでしょう。

PowerDirectorで動画を開く方法と、タイムラインに配置するときのコツ
PowerDirectorで動画編集するためには、最初に動画を読み込む(開く)必要があります。 逆に言うと、動画を読み込まない...

タイトルルーム

YouTuberのようにテロップを画面に表示したいというときは、「タイトル ルーム」を開くことになります。

タイトルルーム

ここでは好きな文字を入力し、縁取りや影を付けるといった装飾ができます。エフェクトもうまく使いましょう。

【作例付き】PowerDirectorで文字・テロップ・字幕を入れる方法
PowerDirectorを使えば、見栄えのよいテロップを簡単に入れることができます。 テロップは、画面に重ねて表示する文字の...

トランジションルーム

場面が切り替わったときのエフェクトを入れたいというときは、「トランジション ルーム」を開いてください。

トランジションルーム

タイムラインの動画と動画のあいだ、あるいは動画と写真のあいだにトランジションを挿入すれば、スムーズに画面を切り替えることができます。

【サンプル付き】PowerDirectorで動画にエフェクトを追加する方法
PowerDirectorを使ってエフェクトをかけてみましょう。 さまざまな種類のエフェクトがありますが、いくつか代表的なもの...

内容確認はプレビューウィンドウで

ルームについてはわかりました。つぎは、プレビューウィンドウです。

プレビューウィンドウ

プレビューウィンドウは、動画の内容を確認するために使います。うまく動画編集できているか、ここでチェックしましょう。Speceキーで再生です。

もしデュアルディスプレイの場合は、プレビューウィンドウを分離して、もう1台のサブモニターに移動させることもできます。編集作業が捗るかもしれません。

プレビューウィンドウの分離
▲このアイコンをクリックすることで、プレビューウィンドウを分離して場所を自由に変更できます。

タイムラインは、素材を配置する作業場

ルーム、プレビューウィンドウと来て、最後はタイムラインです。

素材の配置

タイムラインには、各種素材を配置していくことになります。動画、タイトル、トランジション、BGMなど、編集に使う素材をドラッグ&ドロップして放り込みましょう。

タイムラインにドラッグ&ドロップ

たとえば、動画であれば「ビデオ トラック1」に、BGMであれば「ミュージックトラック」に素材をドラッグ&ドロップします。

トラックの種類
▲ビデオトラックが2種類ありますが、基本的にはビデオトラック1を使います。

なお、タイムラインが表示されていない場合は、Tabキーを押してください。

現在の位置・時間

タイムラインには、赤い縦線が入ったつまみがあります。この部分のことをタイムラインスライダーといいます。

タイムラインスライダー

スライダーを左右にドラッグしてみましょう。その位置にある映像がプレビューウィンドウに表示されます。

カーソルが黒い状態でドラッグする必要があります。少し操作がシビアかもしれません。

目盛(タイムラインルーラー)をクリックする方法もあります。どちらの方法でもかまいません。適宜、使い分けます。

以下のショートカットキーも覚えておくと便利です。

  • .キー : 1コマずつ進む
  • ,キー : 1コマずつ戻る

拡大・縮小

いまはイメージしづらいかもしれませんが、動画編集を行っているとタイムラインを部分的に拡大したり、あるいはタイムラインを縮小して全体を眺めたいという場合が出てきます。

このようなときは、タイムライン左下の「+」と「-」でタイムラインの長さ(時間軸)を調整しましょう。Ctrlキー + マウスホイールでも可能です。

タイムラインの拡大・縮小

実際の動画が長くなったり短くなるわけではありません。例えていうなら、小さなものを虫眼鏡で拡大して見るのと似ています。

移動

タイムラインの端が見えないときは、移動しましょう。下部にあるスクロールバーを使います。マウスホイールでもできます。

タイムラインの移動

まとめ

最初のうちは、タイムラインの説明は抽象的すぎて難しいかもしれません。しかし、実際に動画編集を始めれば、すぐに「そういうことか!」と理解できるはずです。

あまり細かいことを覚える必要はありません。(1)ルーム、(2)プレビューウィンドウ、(3)タイムライン、この3つだけ意識しましょう。

損をしたくないなら、PowerDirectorの種類・購入方法に注意
PowerDirectorには、さまざまなバージョンがあります。 筆者がそうだったように、「あまりにも種類が多すぎて、どれ...
【図解】PowerDirectorの詳しい使い方。実況動画を編集しよう
PowerDirectorは、サイバーリンクが開発・販売する動画編集ソフトです。 動画編集が初めてでも使いやすい ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)