ShadowPlayでマイク音を分離する方法。「マイク音が入らない」の原因かも

この記事をシェアする

ShadowPlay(GeForce Experience)で、ゲーム音・マイク音を分けて録画するにはどうしたらよいのでしょうか。いわゆる別撮りのやり方です。

マルチトラックオーディオ

これができれば、録画後の動画編集で

  • くしゃみシーンをミュートにする
  • 自分の声を大きくする、小さくする
  • 自分の声にリバーブをかける(響かせる)
  • マイクに入っているノイズを消す

などができます。

ただ、「マイク音が入らない」というトラブルが多いので注意してください。

【スポンサーリンク】

マイクを接続しよう

マイクをPCに適切に接続しましょう。USB接続であれば簡単ですが、ピンプラグで接続するタイプだと少し難度が高くなります。

obs-studio

マイクの接続方法については、下記ページをご覧ください。

【図解】マイク、ヘッドセットをPCに接続する方法。つなぎ方、全パターンまとめ
ゲーム実況では、マイクをPCに接続する必要があります。自分の声を入れるためです。 では、どのようにしてマイクをつなげればよいの...

マイク音の設定をしよう

  1. Altキー + Zキーを押します。
  2. Alt + Z

  1. マイクのアイコンから「設定」をクリックします。
  2. マイク設定

  3. 使用するマイクを「マイク」で選択します。設定が不適切だと自分の声が入りません。
  4. マイク選択

  5. ここがいちばん重要です。「両方のトラックを分離する」を選択しましょう。「1つのトラックを作成する」は選びません。詳細は後述します。
  6. 両方のトラックを分離する

  7. 「保存」をクリックします。
  8. 録画を開始し、マイクに向かって声を入れます。

マイク音が入らない?誤解の可能性も

じつは入っているかも

録画停止後、動画を確認してみてください。ひょっとしたら、マイク音が聞こえないかもしれません。

ヘッドセット

しかし、じつはマイク音が動画に入っている可能性があります。

というのも、今回のマイク音の入れ方はマイク音(またはゲーム音)のどちらかしか再生できないことがあるのです。

  • ゲーム音は聞こえるが、マイク音は聞こえない
  • マイク音は聞こえるが、ゲーム音が聞こえない

なぜこうなる?

これはソフトウェア側の仕様によるものです。

たとえば、無料のVLCメディアプレイヤー(以下VLC)で今回の動画を再生したとしましょう。

VLC

マイク音は聞こえません。動画にきちんとマイク音が入っていたとしても聞こえません。聞こえるのはゲーム音のみです。

マイク音が入っているのに聞こえないというのは不思議な感じかもしれません。しかし、音が入っていることと、それを再生できることは別問題なのです。

VLCの設定を変更し、マイク音を聞こえるようにしたとしましょう。しかし、今度はゲーム音が聞こえません。

オーディオトラックの変更
▲画面上で右クリックし、「オーディオ」→「オーディオトラック」から「Microphone」を選択しました。この設定だとマイク音は聞こえますが、ゲーム音は聞こえません。

つまり、今回のように「両方のトラックを分離する」で録画した動画については、ゲーム音・マイク音のどちらかしか再生できない、複数の音声を同時再生できないのです。

これがマイク音が入っていないと誤解する人がいる理由です。

動画編集ソフトも同じです。動画を読み込んでもゲーム音・マイク音のどちらか一方が聞こえないというケースがあります。

どうすればいい?

多くの人は、動画を編集してからYouTubeなどにアップロードしたいと考えていることでしょう。そうであるなら下記ページをご覧ください。対処法をまとめておきました。

動画編集ソフトがマルチトラックオーディオの読み込みに対応していない場合の対処法
動画編集ソフトでマルチトラックオーディオの実況動画を読み込んだのに、ゲーム音またはマイク音が聞こえないことがあります。 原因は...

もし誤解ではなく、ほんとうにマイク音が動画に入っていない場合は、下記ページをご覧ください。おもにWindows側の設定を見直す必要があります。

Windows 10でマイク・ヘッドセットを使う。ゲーム実況で必須、サウンド設定の方法
マイクをPCで使うとき、忘れがちなのがWindows側の設定です。 これを行わないと、トラブルが起きることがあるかもしれません...
【必須】マイク、ヘッドセットを買ったら絶対にこれだけはすべき。マイクテストの方法
新しくマイクを購入したら、すぐにでも使ってみたくなります。 しかし、最低限、以下の3つだけはやっておきましょう。マイクテストで...

「両方のトラックを分離する」とは?

部屋を2つ作る設定のこと

まずトラックの意味ですが、家の部屋をイメージしてください。部屋(トラック)は、家(動画)のなかでそれぞれ独立しています。

マルチトラック

「両方のトラックを分離する」は、音を入れるトラックを2個、動画内に作る設定です。そして、片方の部屋(トラック1)にはゲーム音、もう片方の部屋(トラック2)にはマイク音が入ります。

マルチトラック

各トラックは分かれて独立しており、録画時にゲーム音・マイク音はミックスされません。これをマルチトラック(マルチトラックオーディオ)といいます。

部屋を1個にする設定もある

では、「1つのトラックを作成する」だとどうなるのでしょうか。

この場合、音声トラックは1個だけ作られます。そして、1個のトラックのなかにゲーム音・マイク音がミックスされて入ります。

シングルトラック

ひとつのトラックをあとから分離することはできません。分離したいのであれば、録画の段階で設定しておく必要があります。

マイク音の保存先はどこ?

ひょっとしたら、動画ファイルが1個できて、音声ファイルがもう1個できる、というイメージの人がいるかもしれません。

しかし、実際は動画が1個できるだけです。

このなかに2つの音声(オーディオトラック)が格納されています。すなわち、ゲーム音・マイク音が分離された状態で入っているわけです。

外見上は通常の動画と同じなので、不思議な感じがするかもしれません。

注意したいのですが、格納されている2つの音声が同時に再生できるかどうかは、ソフトウェアの仕様によって異なります(上述)。

まとめ

ShadaowPlayでは、「両方のトラックを分離する」を選択することでゲーム音・マイク音を分けることができます。

やり方自体は簡単ですが、その後の動画の取り扱いに注意しましょう。マイク音が入っていても、入っていないと誤解することがあります。

ShadowPlayの詳しい使い方と、録画時の注意点
ShadowPlayは、GeForce Experienceというソフトに搭載されている録画機能です。 ShadowPlayの...
【ゲーマー必須】GeForce Experienceの簡単な使い方。5つの機能と注意点
PCゲームをプレイすることがあるなら、GeForce Experience(無料)を入れておくと便利です。 その理由については...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)