【ガイド】Elgato Game Capture HD60 Sの使い方・設定方法

この記事をシェアする

Elgato Game Capture HD60 S(以下、HD60 S)の使い方について見ていきましょう。

HD60 Sの接続図

この記事を読めば、以下の内容をマスターできます。

  • ゲーム機、およびPCとの接続方法
  • ソフトのインストール方法
  • ゲーム画面の映し方
  • 録画・ライブ配信の方法

初めに必ず確認しよう

もしHD60 Sをまだ購入していないという場合は、あらかじめ下記ページをご覧ください。製品を購入するまえに確認しておくべき点をまとめました。

関連 初心者のための、Elgato Game Capture HD60 S購入ガイド・レビュー

ソフトをインストールしよう

まず、HD60 SをPCとUSB接続します。USB 3.0に接続してください。USB 2.0では動作しません。

USB 3.0接続

つぎに、HD60 S付属のキャプチャーソフトである「Game Capture」をインストールします。

  1. 公式サイトにアクセスする。
  2. Game Capture for Windows」の部分にある「ダウンロード」をクリックする。
  3. ダウンロードした「GameCaptureSetup_xxx.msi」をダブルクリックする。
  4. 画面を順に進めていく。
  5. インストールが完了する。

公式サイト

キャプチャーソフトは必ずインストールしましょう。ドライバーも併せてインストールされるので必須です。

ゲーム機をHD60 Sに接続しよう

Switch

Switchの場合は、本体をドックに装着してTVモードにします。

Switch

イヤホンをSwitchに接続しているのであれば外します。そうしないと、ゲーム音がPCから出ません。

PS4

PS4の場合は、接続するまえに本体側の設定でHDCPを無効にしておいてください。有効だとゲーム画面がPCに映りません。

PS4

また、イヤホンもPS4本体、またはコントローラーから取り外します。そうしないと、ゲーム音がPCから出ません。

PS3

注意したいのですが、PS3をそのままHD60 Sに接続してもゲーム画面は映りません。PS3のHDMI出力には、コピーガードであるHDCPが入っているからです。

対策としては、下記画像のようなHDMI分配器を使って、ゲーム機とHD60Sのあいだに噛ませる方法があります。

PS3

iPhone

iPhoneをHD60 Sに接続するには、Lightning - Digital AVアダプタが必要です。

iPhone

イヤホンをiPhoneに接続している場合は外し、マナーモードを解除してください。音をPCから出すためです。

付属ソフトにゲーム画面を映そう

  1. ゲーム機の電源を入れます。
  2. ゲーム機の電源

  1. デスクトップにあるショートカットアイコンをダブルクリックして、付属のキャプチャーソフトを起動します。
  2. 付属ソフトを起動

  3. 「デバイス」セクションにある歯車アイコンをクリックします。すると設定画面が表示されます。
  4. 歯車アイコンをクリック

  5. 画質は、「プロファイル」(解像度)や「画質」で設定できます。解像度が高いほどPCに重い負荷がかかり、高画質なほどファイルサイズも増えます。
  6. 画質

  7. ゲーム画面を60fpsで表示したい場合は、「ビデオプレビューに 60fps を許可する」にチェックを入れましょう。負荷は増えますが、60fpsで動作するゲームが滑らかに動くようになります。
  8. ビデオプレビューに60fpsを許可する

  9. ゲーム画面・ゲーム音に問題がないことを確認してください。
  10. プレビュー

  11. ゲーム画面をダブルクリックすると画面が大きくなります。その状態で放置すると、5秒後にフルスクリーン表示に自動移行します。
  12. フルスクリーン

  13. もしゲーム画面下の「ストリームコマンド」の表示を消したい場合は、画面上部の歯車アイコンをクリックします。
  14. 画面上部の歯車アイコン

  15. そして、「キャプチャ」タブの「ストリームコマンド有効にする」(原文ママ)のチェックを外しましょう。ストリームコマンドは、ライブ配信に関連する機能です。OFFでも支障ありません。
  16. ストリームコマンドを無効に

遅延はパススルー出力で回避しよう

遅延はどの程度か

HD60 Sの遅延(タイムラグ)は、筆者が簡易な検証をしたかぎりでは約0.048~0.064秒でした。

ゲームジャンルや慣れもありますが、この程度の遅延であればPCに映したゲーム画面を見ながらでもプレイできるでしょう。

もっとも、どうしても遅延は許せないというのであれば、下図のようにパススルー出力する方法もあります。

パススルー出力

パススルーとは

パススルー出力は、ゲーム画面をTVにも出力する機能です。ゲーム機の映像・音声をそのままTVに出力するため、TV画面上では遅延が発生しません。

2つあるキャプチャーボードの遅延対策。パススルー出力と、分配出力
キャプチャーボードには、遅延(タイムラグ)があります。場合によっては、これが原因で快適にゲームをプレイできないことがあるでしょう。 ...

TVに映ったゲーム画面を見ながらプレイすることで、遅延のない、ふだんどおりのゲームプレイが可能になります。大きな画面でゲームをプレイできるというメリットもあります。

パススルーのやり方

TV、またはモニターを別途用意し、HD60 SとHDMIケーブルで接続してください。特別な設定は必要ありません。

TV、モニター

HD60 Sの「OUT」と書かれてあるHDMI端子とTVをつなぎます。「IN」とまちがえないようにしてください。

PCをスリープにしたり、PCをシャットダウンすると、パススルー出力が停止します。この点はパススルー出力の不便な点です。

録画のやり方を理解しよう

録画方法

ゲームを録画するには、録画ボタンをクリックしましょう。録画中に同ボタンで録画停止です。録画を停止すると動画の変換が自動で行われるので、完了までしばらく待つようにしてください。

録画ボタン

動画の保存場所は、初期設定ではビデオライブラリ(C:\Users\ユーザー名\Videos)になっています。

動画はAviUtlなどの動画編集ソフトで読み込んで編集できます。AviUtlについては、下記ページをご覧ください。

【AviUtl拡張編集】実況動画を編集するための詳しい使い方
AviUtlは、無料の動画編集ソフトです。ゲーム実況で必要になる範囲で、具体的な使い方を見ていきましょう。 AviUtlの読み...

また、簡易なカット編集程度であれば「編集」タブでも可能です。

「編集」タブ

自分の声を動画に入れる方法

マイク音(自分の声)を動画に入れて実況動画を作りたい場合は、使用するマイクを選択します。そのうえで、「コメンタリー」ボタンをクリックして点灯させてください。

マイクを選択

「コメンタリー」ボタンをクリックするのは忘れやすいところです。ここが青く点灯していない場合、録画してもマイクの音を入れることができません。

スピーカーアイコンをミュートにすると、自分の声がヘッドホンまたはスピーカーから返ってくるのを防止できます(モニタリングOFF)。

マイク音のモニタリングをOFFに

このとき、ゲーム音もミュートになりますが、パススルー出力先のTVからはゲーム音が出るので心配いりません。録画も通常どおりできます。

Flashback録画の使い方

Flashback録画を使えば、録画を忘れていた場合にも対処できます。使い方ですが、青いバーの任意の位置をクリックし、その状態で録画ボタンをクリックしてください。

Flashback録画

より詳しい使い方

録画関連の機能について、まだまだ詳しいことを知りたい、わからないことがあるという人もいるかもしれません。そのような場合は、下記ページをご覧ください。

参考 Elgato Game Capture HDシリーズの使い方

ライブ配信のやり方を理解しよう

HD60 Sの場合、ゲーム配信のやり方は2種類あります。

配信ソフト「OBS Studio」を使う

一般的に、ゲーム配信するには配信ソフトとよばれるものを使います。これさえあれば、HD60 Sが入力したゲーム画面・ゲーム音を生配信できます。もちろん、マイクがあれば自分の声も流せます。

配信ソフト

いろいろな配信ソフトがありますが、定番としてOBS Studio(以下OBS)を覚えておきましょう。いちばんユーザー数が多い配信ソフトといっても過言ではありません。

OBS Studioの詳しい使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフト(配信ソフト)です。詳しい使い方を見ていきましょう...

OBS側で適切に設定すれば、ゲーム画面がOBSに映ります。

HD60 S + OBSでゲーム画面を映すための設定方法
Elgato Game Capture HD60 S(以下HD60 S)を使っていて、ゲーム画面をOBS Studio(以下OBS)に映した...

HD60 Sの配信機能も使える

ただ、OBSは難しいという人もいます。たとえば、画面の映し方がわからない、ライブ配信のための設定が複雑だという印象を持つ人もいるでしょう。

そこで、HD60 Sが搭載しているゲーム配信機能の出番です。この機能を使えば、難しい設定はいっさい必要ありません。2種類の設定をするだけです。

参考 Elgato Game Capture HDシリーズの使い方

ゲーム配信機能

どちらがよいか

では、配信ソフトとHD60 Sの配信機能、どちらを使えばよいのでしょうか。

基本的には、配信ソフトを使う方法を推奨します。あらゆる配信に対応できますし、設定の自由度が比較になりません。現在主流のやり方です。

ただ、様子見でゲーム配信を試してみたいという程度であれば、HD60 Sの配信機能を使うべきです。圧倒的に設定が簡単だからです。

トラブルが起きた場合の対処法

HD60 Sを使っていて、以下のようなトラブルが発生することがあるかもしれません。

  • ゲーム画面が映らない
  • PCにHD60 Sが認識されない
  • 動作が不安定

これは必ずしもHD60 Sが原因とは限りません。冷静に1個ずつ問題を片付けていくことが重要です。詳細は下記ページに書いておきました。

参考 キャプチャーボードが故障かなと思ったら

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

質問・コメント

  1. odabuts より:

    先日、こちらのサイトと前身のwikiを参考に、PS4のキャプチャー用にHD60Sを購入した者です。
    サイバーマンデーを待たずに買ったのでちょっと損をしました。(11/28 \18,000購入)
    いつもこういう人気商品は値引きしないのに・・・!
    それはさておき
    レビュー通りに体感できるほどの遅延もなく、満足していたのですが、
    一部FPSゲームや普段遅延を起こさないゲームでも稀に1秒以上の操作遅延が発生
    することがあり、本製品のパススルー出力を試しました。
    しかし見える範囲の設定をいじっても、PC側の映像とパススルー先の映像で色味が変わってしまいます。
    PS4側のRGBレンジをフル HD60Sを色範囲通常で出力すると、HD60S側が暗く・スルー側は正常に映ります。

    PC側(GameCaptureのSS撮影PS4側の映像にTV>PCスケールの補正をかけた感じに暗い)
    https://drive.google.com/open?id=1qr26-eFTsK08bzsx_zoplsHv5q1FcXeq
    PS4側(PS4撮影・HD60Sをはさまない時と同じ正常な色味)
    https://drive.google.com/open?id=1aSbjDZUTtkJyCY3rXMy2fuFdqZqL-f-w

    HD60S側の色範囲を展開に変更すると、PC側は正常になりますがスルー側の映像が
    TVスケール補正をかけたように白くなります。
    PS4側のRGBレンジも変えてみましたが、結果的にPC出力とスルー出力が同じ色味になることはありませんでした。
    なにかご助言をいただければ幸いです。

    マザー P8 Z68-MPRO
    CPU i7-2600k
    RAM 16GB
    GPU GTX960(2G)
    PS4(HD60S付属HDMI)

    HD60S(付属USB)→モニター(市販HDMI)

    PC背面USB3.0ポート→PCサブモニター
    (ASMedia USB 3.0 eXtensible Host Controller)