OBS Studioで複数の設定を保存し、瞬時に切り替える方法

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)には、プロファイルという便利な機能があります。

プロファイル

なぜ便利かというと、複数の設定を保存しておけるからです。たとえば、以下のようなケースで役立つでしょう。

  • 配信サイトごとに複数の設定を保存しておきたい。
  • 複数の画質設定を保存しておきたい。

では、どのようにすればプロファイルを使えるのでしょうか。注意点と併せてご紹介します。

プロファイルを使うメリット

配信サイトごとに設定を保存しておける

たとえば、ある日はYouTube Liveで、また別の日はTwitchで配信したいという場合を考えてみましょう。

プロファイルの切り替え

もしプロファイルを使わないと、YouTube Liveで配信したあとにTwitch用の設定に変更しなくてはいけません(例 : ストリームキーのコピー&ペースト)。そしてTwitchで配信したあとは、またYouTube Live用に設定を行うわけです。しかし、これは手間です。

プロファイルを使えば、両サイトの設定を一瞬で切り替えることができます。毎回設定しなおす必要はありません。

複数の画質設定を保存しておける

たとえば、動きの激しいFPSゲームの場合は画質を重視した設定にしておき、雑談配信の場合は低負荷な設定にしたいというようなケースです。

あるいは、画質重視の設定と音質重視の設定を用意しておきたいというケースもあるでしょう。

複数の設定を保存しておけば、配信内容に適した合理的な設定を瞬時に切り替えられます。

録画用の設定を保存しておける

ライブ配信用にOBSを使うだけでなく、録画用にも使うというケースです。配信用の設定とは別に、わかりやすく録画用の設定も保存しておけます。

関連 OBS + キャプチャーボードで、TVゲームを高画質録画する設定方法ド

関連 【OBS Studio】PCゲームを高画質に録画するための設定ガイド

あるいは、まちがえて配信を開始しないように、録画用の設定だけを保存したプロファイルを用意しておくというのもよいでしょう。

プロファイルの使い方

  1. 配信を停止し、あらかじめ必要な設定をしておいてください。ここでいう設定というのは、「設定」ボタンから行う設定のことです(後述)。
  2. 設定

  1. 「プロファイル」→「複製」の順にクリックします。
  2. 複製

  3. 適当な名前を入力して「OK」をクリックします。
  4. 名前

  5. OBSのタイトルバーに、いま入力したプロファイル名が表示されます。
  6. タイトルバーにプロファイル

  7. プロファイルの切り替えは、「プロファイル」から行います。
  8. プロファイルの切り替え

  9. プロファイルを削除したい場合は、そのプロファイルに切り替えたあと、「削除」を選択してください。
  10. 削除

自動保存に注意しよう

プロファイルは、自動的に上書き保存されます。したがって、設定を保存するための操作を行う必要はありません。

注意したいのですが、複数の設定を保存しておきたいなら、必ず「新規」または「複製」を選択しましょう。

複製、新規

そうしないと、最初に保存した設定が現在の設定で上書きされるからです。自動で上書き保存される仕様になっているので、古い設定は消えてしまうわけです。

したがって、現在の設定を完成版として保存しておきたいなら、「プロファイル」から「新規」または「複製」を選びます。すると、新しいプロファイルが作られ、自動的に切り替わります。

完璧な設定ができたと思ったら、もういじらないことです。設定を変えたいときは、プロファイルを複製しましょう。

プロファイルで保存される内容

画質、URL・ストリームキーを保存できる

プロファイルで保存される設定内容は、以下のとおりです。

  • 「配信」タブの設定
  • 「出力」タブの設定
  • 「音声」タブの設定(すべてではない)
  • 「映像」タブの設定
  • 「ホットキー」タブの設定

具体的には、以下の設定を保存できます。

  • URL・ストリームキー
  • 映像ビットレート、音声ビットレート、プリセット
  • 解像度、フレームレート
  • サンプリングレート、チャンネル
  • 録画に関連する設定
プロファイルで保存できる設定は、「設定」ボタンから設定できるものに限られます。

シーン・ソースは保存できない

ここも注意が必要ですが、プロファイルではシーン・ソースを保存できません

シーン・ソース

では、シーン・ソースを保存する方法はないのでしょうか。じつは、OBSのメニューバーにある「シーンコレクション」を使えばよいのです。

シーンコレクション

シーンコレクションでは、ソースの位置・サイズも保存できます。プロファイルと組み合わせて使えば、かなり重宝するでしょう。

シーン・ソースを保存したいなら、シーンコレクションを使います。操作方法はプロファイルとよく似ています。

シーン、およびシーンコレクションの詳しい使い方については、下記ページをご覧ください。

【OBS Studio】シーン機能の便利な使い方。画面をスムーズに切り替える
OBS Studio(以下OBS)のシーン機能を使うと、以下のような場面で画面を一瞬で切り替えられるようになります。 ...

プロファイルの保存場所

現在のプロファイルが保存されている場所は、「ファイル」→「プロファイル フォルダーを表示」で開くことができます。

保存場所

もし複数のプロファイルをまとめてコピーしたり削除したいという場合は、以下のようにしてください。

  1. 上記操作でエクスプローラーを開く。
  2. アドレスバーの「profiles」をクリックする。
  3. プロファイルの一覧が表示される。

プロファイル一覧

プロファイルの出力・バックアップの方法

プロファイルのバックアップをとりたいというような場合は、エクスポートしましょう。

やり方は、目的のプロファイルを開いたあと「プロファイル」→「エクスポート」です。

まとめて複数のプロファイルをバックアップしたいのであれば、上で述べた方法でプロファイルの一覧を開き、まとめてコピー&ペーストしてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)