【OBS Studio】配信サイトごとに複数の設定を保存しておく方法

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)には、プロファイルという便利な機能があります。

プロファイル

なぜ便利かというと、複数の設定を保存しておけるからです。たとえば、以下のようなケースで役立つでしょう。

  • 配信サイトごとに複数の設定を保存しておきたい
  • 複数の画質設定を保存しておきたい

では、どのようにすればプロファイルを使えるのでしょうか。注意点と併せてご紹介します。

【スポンサーリンク】

プロファイルを使うメリット

配信サイトごとに設定を保存しておける

たとえば、ある日はYouTube Liveで、また別の日はTwitchで配信したいという場合を考えてみましょう。

プロファイルの切り替え

もしもプロファイルがなかったら、YouTube Liveで配信したあとにTwitch用の設定に変更しなくてはいけません。そしてTwitchで配信したあとは、またYouTube Live用の設定に戻すわけです。

しかし、これは手間です。

プロファイルを使えば、両サイトの設定を一瞬で切り替えることができます。毎回設定しなおす必要はありません。

よく「設定がめんどいから別サイトでやりたくない」という人がいますが、あらかじめ設定を作って保存しておけば、負担は軽減されます。

複数の画質設定を保存しておける

たとえば、動きの激しいFPSゲームの場合は画質を重視した設定にしておき、歌配信の場合は音質を重視した設定にしたいというようなケースです。

複数の設定を保存しておけば、配信内容に応じて切り替えられます。

録画用の設定を保存しておける

OBSを録画用に使うというケースです。配信用の設定とは別に、録画用の設定を保存しておいたほうが便利でしょう。

OBSでゲームを録画するための設定方法。いきなり「録画開始」していませんか?
OBS Studio(以下OBS)を使って、ゲーム画面を録画してみましょう。 OBSは基本的にライブ配信用のソフトとして開発さ...

よく「『録画開始』ボタンをクリックしようとして、誤って『配信開始』ボタンをクリックしてしまった」という人がいますが、録画用の設定を作っておき、配信用の設定と分けておけばよいのです。

配信ボタンと録画ボタン

プロファイルの使い方

  1. 配信を停止し、あらかじめ必要な設定をしておいてください。ここでいう設定とは、「設定」ボタンから行う設定のことです(後述)。
  2. 設定

  1. 「プロファイル」→「複製」の順にクリックします。
  2. 複製

  3. 適当な名前を入力して「OK」をクリックします。
  4. 名前

  5. OBSのタイトルバーに、いま入力したプロファイル名が表示されます。
  6. タイトルバーにプロファイル

  7. プロファイルの切り替えは、「プロファイル」から行います。
  8. プロファイルの切り替え

  9. プロファイルを削除したい場合は、そのプロファイルに切り替えたあと、「削除」を選択してください。
  10. 削除

上書き保存に注意しよう

現在の設定を完成版として保存しておきたいなら、必ず「新規」または「複製」を選択しましょう。

複製、新規

そうしないと、最初に保存した設定が上書きされて消えてしまうからです。

たとえば、プロファイルAを作ったとします。このとき、プロファイルBを作っておかないと、プロファイルAは上書きされます。

「プロファイル」から「新規」または「複製」を選ぶことで、新しいプロファイルBを作ることができ、プロファイルAとは別の独立した設定になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

プロファイルで保存される内容

画質、URL・ストリームキーを保存できる

プロファイルで保存される設定内容は、以下のとおりです。

  • 「配信」タブの設定
  • 「出力」タブの設定
  • 「音声」タブの設定(すべてではない)
  • 「映像」タブの設定
  • 「ホットキー」タブの設定

具体的には、以下の設定を保存できます。

  • URL・ストリームキー
  • 映像ビットレート、音声ビットレート、プリセット
  • 解像度、フレームレート
  • サンプリングレート、チャンネル
  • 録画に関連する設定
プロファイルで保存できる設定は、「設定」ボタンから設定できるものに限られます。

ソースの保存はシーンコレクションで

ここも注意が必要ですが、プロファイルではシーン・ソースを保存できません

シーン・ソース

では、シーン・ソースを保存する方法はないのでしょうか。じつは、OBSのメニューバーにある「シーンコレクション」を使えばよいのです。

シーンコレクション

シーンコレクションでは、ソースの位置・サイズも保存できます。プロファイルと組み合わせて使えば、かなり重宝するでしょう。

シーン・ソースを保存したいなら、シーンコレクションを使います。操作方法はプロファイルとよく似ています。

詳しい使い方については、下記ページをご覧ください。

【OBS Studio】シーン機能の便利な使い方。画面をスムーズに切り替える
OBS Studio(以下OBS)のシーン機能を使うと、以下のような場面で画面を一瞬で切り替えられるようになります。 ...
【OBS】ソースを保存して切り替える方法。シーンコレクションを使う
OBS Studio(以下OBS)には、シーンコレクションという便利な機能があります。 以下のような状況を想像してください。 ...

プロファイルの保存場所

現在のプロファイルが保存されている場所は、「ファイル」→「プロファイル フォルダーを表示」で開くことができます。

保存場所

もし複数のプロファイルをまとめてコピーしたり削除したいという場合は、以下のようにしてください。

  1. 上記操作でエクスプローラーを開く。
  2. アドレスバーの「profiles」をクリックする。
  3. プロファイルの一覧が表示される。

プロファイル一覧

プロファイルの出力・バックアップの方法

プロファイルをバックアップをしたい場合は、設定をエクスポート(出力)しましょう。

やり方は、目的のプロファイルを開いたあと「プロファイル」→「エクスポート」です。

まとめて複数のプロファイルをバックアップしたいのであれば、上で述べた方法でプロファイルの一覧を開き、まとめてコピー&ペーストしてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)