それでもBandicamが「最強」である5つの理由

この記事をシェアする

筆者は、2009年からずっとBandicamを使っています。もはや録画といえば、Bandicam抜きでは考えられないほどです。

詳しいBandicamの使い方と、高画質・低負荷にするための設定例
Bandicamは、ゲーム実況で定番のキャプチャーソフトです。無料版と有料版があります。 特長は以下のとおりです。 ...

もちろん、現在では無料で使える優秀なキャプチャーソフトも増えてきました。

たとえば、OBS Studio(以下OBS)や、ShadowPlayで実況動画を作っている人も多いでしょう。筆者も使います。

しかし、PCゲームを録画(実況動画を含む)したいなら、Bandicamが最強です。その理由を5つご紹介します。

スポンサーリンク

設定が簡単

Bandicamでは、設定で悩むことがありません。とても簡単に使えるからです。

録画モードを選ぶだけ

まずは、2種類の録画モードがあるという点を押さえておきましょう。

  • 画面録画モード
  • ゲーム録画モード

2種類の録画モード
▲画面録画モード(左)と、ゲーム録画モード(右)

最初にどちらかを選びます。以下は一例です。

  • ブラウザゲームを録画したい → 画面録画モード
  • Steamゲームを録画したい → ゲーム録画モード

あとは録画する対象を決めて、Bandicamの録画ボタンをクリックします。あるいは、F12キーでもかまいません。たったこれだけです。

録画ボタン

極端な話、Bandicamをインストールして、1分あれば録画を開始できます。設定項目がわかりやすく整理されているからです。

詳細な設定も瞬時にできる

では、以下のような場合、どのように設定すればよいのでしょうか。

  • 高画質にしたい、画面が荒いのを直したい
  • ファイルサイズを小さくしたい
  • カクカクするのを直したい
  • 自分の声を動画に入れたい
  • 音ズレしないようにしたい

簡単です。すべて「ビデオ」タブで設定できます。

「ビデオ」タブ

同タブには、「詳細設定」ボタンと、「設定」ボタンがあります。どちらかのボタンをクリックしましょう。

「ビデオ」タブ
▲「詳細設定」ボタンと「設定」ボタン

「詳細設定」ボタンからは、たとえばマイク音声を入れる設定ができます。つまり、ゲーム実況の設定です。

マイク音声の設定
▲マイク音声のまとめ録り、および別録りに対応しています。初心者向きなのは前者です。

また、「設定」ボタンをクリックすると、画質・ファイルサイズの設定ができます。PCが重くてカクつくときや、音ズレするときも、ここの設定を見直しましょう。

画質・ファイルサイズの設定

関連 目的別、おすすめ設定

録画機能が充実

Bandicamは、録画機能が優秀です。具体的にどう優れているのか、見ていきます。

ゲーム画面、PC画面、どちらも録画できる

Steamで売られているようなゲームを録画する場合、一般的にはゲーム録画モードを使います。

ゲーム録画モード
▲ゲーム録画モード

これはとても便利なモードで、ゲームを起動するだけで録画できる状態になるというものです。

フレームレート
▲ゲーム画面の左上に、緑色の数字(フレームレート)が表示されたら成功です。

ただ、ゲームの仕様上、同モードでは録画できないことがあるかもしれません。そのようなときは、画面録画モードの出番です。

画面録画モード
▲画面録画モード

2種類のモードを使い分ければ、録画できないゲームはありません。また、ゲーム以外のものを録画したいときも、画面録画モードを使いましょう。

画面録画モードは、ウィンドウを指定して録画することもできます。汎用性の高さでいえば、ゲームモードよりも上です。

範囲指定して録画できる

Bandicamは、画面キャプチャーも得意です。画面キャプチャーとは、デスクトップ画面の録画のことです。

Bandicamの「画面録画モード」の使い方。録画範囲を指定したいときに便利
Bandicamの画面録画モードを使えば、画面の指定した範囲を簡単に録画できます。 画面全体を録画したいわけではなく、「画面の...

たとえば、画面内の特定の範囲を録画したいというときは、「指定した領域」を選択してください。

指定した領域

すると、枠が表示されます。枠内にある部分を録画できるというわけです。

枠

枠の位置・場所は変更でき、サイズも調整できます。細かく調整すれば、「よけいな範囲を録画してしまった」ということがなくなるでしょう。

枠のサイズ

この機能は重要です。なぜなら、OBSが苦手とする点だからです。ShadowPlayにいたっては、そもそも指定範囲の録画はできません。

低負荷で録画できる

ハードウェアエンコーダーといって、PCにかかる負荷を減らす機能に対応しています。

NVENC

いまはもう珍しい機能でもありませんが、「PCの動作が重い」「カクカクする」「フレームレートが出ない」というときは必要に応じて使いましょう。軽くなります。

録画中に一時停止できる

かなり地味ですが、録画を一時停止できる点も便利です。

一時停止

たとえば、ゲームを録画していてロード画面に入ったとします。言うまでもなく、動画では不要な部分でしょう。

あとで編集でロード画面をカットしてもよいのですが、少し手間です。

また、ロード画面に入った瞬間に録画を停止する方法もありますが、動画が複数に分割されてしまいます。あまり動画ファイルの数は増やしたくありません。

そこで、Bandicamの一時停止ボタンです。一時的に録画を止めることができ、ゲームが始まったらすぐに録画を開始できます。意外と重宝するので、ぜひ使ってください。

マイクの別録りにも対応

ゲーム実況に慣れないうちは、動画にマイク音をそのまま入れて録画する方法がお薦めです(まとめ録り)。

ただ、ゲーム音とマイク音を別々に収録すれば、音声編集が便利です(別録り)。

Premiere Pro
▲動画編集ソフトで動画を開くと、2つのオーディオトラックが表示されます。「A1」がゲーム音、「A2」がマイク音です。

Bandicamでは、どちらにも対応しています。別録りの場合は、動画内に2つのオーディオトラックを入れることができます。つまり、編集ソフトでゲーム音とマイク音を別々に扱えます。

別録り
▲このチェックを外すと別録りになります。別録りの場合は、編集ソフトのほうでマルチトラックオーディオに対応している必要があります。

120fps、144fps録画に対応

コアなPCゲーマーのなかには、高フレームレートに拘る人がいるかもしれません。Bandicamであれば、最大144fpsの録画に対応しています。

フレームレート

もちろん、(1)高リフレッシュレート対応のモニターと、(2)ハイスペックなPCが必要です。この点は注意してください。

細やかなアップデート

継続的にアップデートが行われている点も心強いところです。公式サイトの更新履歴を見ればわかるとおり、機能追加・改良が2009年のリリース以来ずっと続いているのです。

不具合の修正も余念がありません。

もちろん、「有料ソフトだから当然」と思う人もいるでしょう。しかし、最初にライセンスキーを1回買うだけで、あとは延々とアップデートが行われて使いやすくなっていくというのは、やはりお得です。

もともとBandicamは完成度の高いソフトでした。それがアップデートを繰り返すうちに、さらに改良され進化してきたのです。今後も期待できそうです。

価格が高そうに見えて、そうでもない

Bandicamは4,320円します。

録画時間の制限 動画への公式ロゴ挿入
無料版 10分間 あり
有料版 なし なし

無料のキャプチャーソフトがあるなかで、この価格は抵抗があるかもしれません。

一見、高いのですが、かりに1年でゲーム実況に飽きるとしましょう。1か月あたり、たった360円で使える計算になります。2年で飽きるとしたら、1か月180円です。

しかも、ゲーム実況以外の用途でも使えます。ちょっとしたときに、すばやく画面を録画したいなと思うときはないでしょうか。スクショ撮影にも使えます。

趣味で4,320円というのは、よく考えると手が出せないほどの価格ではありません。1回買えば一生使えますから、コスパも優れています。

日本語ヘルプが詳しい

どんなに初心者に優しいソフトであっても、やはりマニュアルは必要です。困ったことがあったら、Bandicamの公式サイトにアクセスしましょう。

公式ヘルプ

ここにすべての機能の使い方、設定方法が載っています。たとえば、「ビデオ」タブの画質設定に出てくる専門用語の意味についても、詳しく説明されています。

ほかのソフトと比較して思うこと

OBSと比べて

近年、OBSのユーザーが増えているのを実感しています。

【OBS Studio】PCゲームを高画質に録画するための設定ガイド
OBS Studio(以下OBS)を使って、PCゲームを高画質に録画するにはどうしたらよいのでしょうか。 このページで扱ってい...

ライブ配信用のソフトではありますが、録画機能も搭載されており、完全無料で使えてしまうのです。配信しながら録画したいなら、OBSは外せません。すばらしいソフトです。

OBS Studioの詳しい使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフト(配信ソフト)です。詳しい使い方を見ていきましょう...

解説記事を作成する関係で、筆者が日々OBSユーザーの感想を見て思うのは、うまく設定できていない初心者が多いという点です。

たとえば、OBSでは最初に「+」をクリックし、ゲーム画面をOBSに映す必要があります。しかし、この段階でつまずく人がいます。具体的には、ゲーム画面がOBSに映らないというケースです。

ソースの追加
▲OBSで録画する場合は、「+」をクリックすることから始めます。

【OBS】ゲームキャプチャで画面が映らない、真っ暗なときの対処法
OBS Studio(以下OBS)で画面が映らない場合、どうすればよいのでしょうか。 このページでは、「ゲームキャプチャ」でPCゲーム...

また、OBSでは範囲指定の画面キャプチャーのやり方が少し特殊、という点も覚えておきましょう。いったん全画面を取り込み、よけいな部分を削る必要があります(クロップ)。Bandicamほど瞬時にはできません。

クロップ
▲OBSの場合、Bandicamのような取り込み枠はありません。

もしOBSで録画するなら、以上の2点はあらかじめ覚えておきましょう。対処法を知らず、イライラして機嫌を悪くする人、不満をつのらせる人が必ずいます。

設定の簡単さでいえば、Bandicamに軍配が上がります。OBSでの録画は、慣れが必要です。

ShadowPlayと比べて

ShadowPlayは、NVIDIAのグラフィックボード(GPU)を搭載したPCを持っているなら、一度は使うべき機能です。

ShadowPlay(Share)の詳しい使い方と、録画時の注意点
ShadowPlayは、GeForce Experienceというソフトに搭載されている録画機能です。 関連 【生配信】Sha...

ShadowPlayで注意したいのは、可変フレームレート(VFR)の動画になるという点です。詳しい説明は省きますが、これが原因で音ズレの原因になることがある、と思ってください。

ありがちなのは、たとえばShadowPlayで撮影した動画をAviUtlで編集したいのに、映像と音声がズレるというパターンです。

【AviUtl拡張編集】実況動画を編集するための詳しい使い方
AviUtlは、無料の動画編集ソフトです。ゲーム実況で必要になる範囲で、具体的な使い方を見ていきましょう。 AviUtlの読み...

もちろん、録画後に音ズレを防止する対処法はあります。ただ、AviUtlでの編集を前提とした場合は、ひと手間かかります。

Bandicamであれば、固定フレームレート(CFR)で録画できます。「ビデオ」タブ→「設定」→「…」で設定を変更しましょう。

まとめ

話をまとめます。

Bandicamは設定が簡単です。したがって、「録画できない」「設定がめんどう」「設定方法を忘れた」などの事態は起こりません。

また、録画機能も充実しています。アップデートや、ヘルプも抜かりありません。

Bandicamは無料でも使えます(仕様版)。まずはゲームを10分録画してみて、その使いやすさを実感してください。

関連 詳しいBandicamの使い方と、高画質・低負荷にするための設定例

公式 Bandicamを無料でダウンロードする



スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)