【ツイキャス】PCでBGM・マイク音を流すなら、最新のツール配信で。ステミキは古い

この記事をシェアする

ツイキャスのPC配信で、BGM・マイクの音を同時に流すにはどうしたらよいのでしょうか。

ツイキャス

ここでいう「BGM」は、配信者のPCから出ている音のことだと思ってください。たとえば、以下のような音はすべてBGMとして扱います。

  • 音楽
  • 動画の音
  • ゲーム音
  • SkypeやDiscordの通話相手の声

「設定が難しい、わからない」という人がいますが、それは古い情報を見ているからです。2018年現在、設定方法は簡単になりました。

「外部ツール配信」で解決

BGMとマイク音を配信で流したいなら、「外部ツール配信」(ツール配信)にしましょう。これが最新の配信方法になります。

外部ツール配信では、配信ソフトとよばれるものをインストールします。たとえば、以下のような配信ソフトがあります。

  • OBS Studio(以下OBS)
  • XSplit
  • ツイキャス・デスクトップ・ライブ(以下TDL)

3つのうち、OBSとTDLが完全無料です。OBSは、世界中で使われている定番の配信ソフトです。基本的にはこれを使えばよいでしょう。

obs-studio

各配信ソフトにおける、BGM・マイク音を流すための設定方法は後述します。

外部ツール配信の特徴

メリット

外部ツール配信のメリットは、以下のとおりです。

  • BGM・マイクの音を流す設定が簡単
  • 通常のPC配信よりも、高画質・高音質で配信できる。
  • 配信ソフトの機能で、PCの画面を視聴者に見せることもできる。
  • USBマイクを使える。
ツイキャスの配信画面
▲ゲーム画面は『スーパーマリオ オデッセイ』(任天堂)より

デメリット

デメリットは以下のとおりです。

  • コラボ配信」機能は使えなくなる。
  • 「読み上げ(β)」は使えなくなる。

外部ツール配信でコメントを読み上げるには、コメントビューアと棒読みちゃんを導入します。

【ツイキャス】棒読みちゃんでコメントを読み上げるための設定方法
ツイキャスでコメントを読み上げるためには、どうしたらよいのでしょうか。そのやり方です。 解説は、OBS Studio、XSpl...

現在の外部ツール配信は、レベル制限なし

外部ツール配信に対応した当初、限られたユーザーしか配信できないという制限がありました。たとえば、アカウントのレベルが23以上でないといけなかったのです。

しかし、2017年7月19日からは、全ユーザーに外部ツール配信が開放されました。だれでも配信ソフトを使って配信できます。アカウントのレベルは関係ありません。

もはや通常のPC配信をする意味はほぼありません。とくに、ゲーム配信の場合は画質も重要なので、外部ツール配信のほうが適しています。

レベル制限が撤廃されたことを、まだ知らないユーザーもいます。外部ツール配信のほうがメリットが多いため、これを機にぜひチャレンジしてみてください。

ステレオミキサーは必要ない

配信ソフトの設定を変えるだけ

もし、「ツイキャスで配信するにはステレオミキサー(ステミキ)が必要」という情報をどこかで見かけたとしたら、それは古い情報です。

obs-studio

配信ソフトを使えば、ステレオミキサー機能は必要ありません。配信ソフトのほうで簡単な設定をするだけで、BGM・マイクを流せます。

ステレオミキサーは、もう過去の機能です。説明する人によって定義もバラバラなので、理解しようとすると逆に混乱します。

特別な機材も不要

また、特別な機材も必要ありません。オーディオインターフェイス、またはミキサーをさして、「ツイキャスでBGMを流せないから外付けステミキを買ってきた」という人もいますが、なくてもよいのです。

参考 オーディオインターフェイス

もちろん、高音質をめざしたり、リバーブなどのエフェクトをかけたいというのであれば、オーディオインターフェイスやミキサーを購入してもかまいません。しかし、こういった機材は必要不可欠なものではないということです。

参考 AG03-MIKUの使い方

OBSで配信しよう

では、OBSでBGM・マイクの音を流すための設定を見ていきましょう。

インストール

OBSのインストール方法は、以下のとおりです。

  1. 公式サイトにアクセスし、「Windows」をクリックする。
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行する。
  3. 自動構成ウィザード」は、いったん「いいえ」を選択する。
  4. 画面を順に進めていく。
  5. OBSのインストールが完了する。

OBS Studio公式サイト

設定方法

OBSをインストールしたら、あとは簡単な設定をするだけです。

  1. 画面右下の「設定」をクリックする。
  2. 左メニューから「音声」をクリックする。
  3. デスクトップ音声デバイス」が「既定」になっていることを確認する。
  4. 使用するマイクを「マイク音声デバイス」で選択する。
  5. 「OK」をクリックする。
OBS Studioの音声設定
▲ここに表示されるマイクの名称は、PC環境によって異なります。

配信者が聞いている音は、基本的にすべて視聴者にも聞こえていると思ってください。たとえば、YouTubeの動画を流した場合、その音は視聴者にも聞こえています。

配信者の声、すなわちマイク音声も視聴者に聞こえています。

これで、BGMを流しつつ自分の声を重ねることができるようになりました。わからないことがある場合は、下記ページをご覧ください。より詳しい解説を掲載しています。

OBS StudioでBGM・マイクの音を流すための設定方法
PCの音、およびマイクの音を配信するためには、OBS Studio(以下OBS)でどのように設定すればよいのでしょうか。 ここ...

具体的な使い方

OBS全般の使い方については、「 OBS Studioの詳しい使い方・設定方法」をご覧ください。

OBS Studioの詳しい使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフト(配信ソフト)です。詳しい使い方を見ていきましょう...

もし時間がないという場合は、「【ツイキャス】OBSでツール配信する場合の設定方法。超高画質配信も可能に」に情報を掲載しています。内容をコンパクトにまとめました。

【ツイキャス】OBSでツール配信する場合の設定方法。超高画質配信も可能に
ツイキャスで高画質な配信をしたいなら、「ツール配信」を利用しましょう。ゲーム配信、雑談配信、歌配信など、PCを使ったあらゆる配信に適しています。ツール配信で最低限必要なものは、(1)PC、および(2)配信ソフトです。今回は、配信ソフトとしてOBS Studioを使っていきます。

XSplitで配信しよう

XSplitを使うためには、アカウントが必要です。アカウントを作成後、XSplitをダウンロードしましょう。

参考 XSplitの詳しい使い方

無料版のXSplitは、ステレオ音声で配信できないという制限があります。このため、BGMの音質が悪くなります。

BGM・マイク音を流すための設定方法は以下のとおりです。

  1. 歯車アイコンをクリックする。
  2. 「オーディオ」タブを開く。
  3. 「システムサウンド」が「既定スピーカー」になっていることを確認する。
  4. 使用するマイクを「マイク」で選択する。
  5. 「OK」をクリックする。

XSplitの音声設定

ツイキャス・デスクトップ・ライブで配信しよう

TDLは、ツイキャスの公式配信ソフトです。OBS、またはXSplitを使いこなせるなら、あまり使う意味はありません。

以下のようにしてTDLをインストールします。

  1. 公式サイトにアクセスする。
  2. ダウンロードした「tdl_latest.exe」をダブルクリックする。
  3. TDLのインストールが完了する。

BGM・マイク音を流すには、「マイク音量」と「PC音量」のスライダーを右に動かしてください。

ツイキャス・デスクトップ・ライブの音声設定

そのほかの設定については、公式サイトに書いてあるとおりです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)