【XSplit】画面を視聴者に見せるための、3つの実践的なキャプチャー方法

この記事をシェアする

今回は、XSplitを使って以下の3つのキャプチャー方法をマスターしましょう。

  • Screen キャプチャー
  • ウィンドウキャプチャー
  • ゲームキャプチャー

「ソースの追加」をクリックしてください。視聴者に見せたい画面をここで設定していくことになります。

ソースの追加

なお、ソース全般の基本的な操作方法については、下記ページをご覧ください。画面が小さいときの対処法も掲載しています。

関連 【XSplit】ソースの追加・編集ってどういうこと?視聴者に画面を見せる方法

【スポンサーリンク】

目的別に使い分けよう

「ソースの追加」をクリックすると、さまざまな項目が表示されます。しかし、頻繁に使うのは大きく3つだけです。

下表をご覧ください。

説明
Screen キャプチャー スマートセレクション 画面の指定した範囲を見せたいときに選ぶ
モニターキャプチャー 画面全体を見せたいときに選ぶ
ウィンドウキャプチャー ウィンドウ画面を見せたいときに選ぶ
ゲームキャプチャー PCゲームの画面を見せたいときに選ぶ
デバイス キャプチャーボードや、Webカメラ画面を見せたいときに選ぶ

自分がどのような画面を視聴者に見せたいのかを考え、それに合わせて適切なものを選びましょう。

場合によっては、画面がうまく映らないことがあるかもしれません。しかし、対処法があるので慌てないようにしてください。

Screen キャプチャー

まずは、「Screen キャプチャー」のやり方について見ていきましょう。

スマートセレクション

スマートセレクションは、画面の特定の部分だけを視聴者に見せたいときに使います。

スマートセクション

やり方は以下のとおりです。

  1. 「ソースの追加」をクリックする。
  2. 「Screen キャプチャー」→「スマートセレクション」を選ぶ。
  3. 画面が白黒になるので、視聴者に見せたい範囲をドラッグする。

モニターキャプチャー

あまり使いませんが、画面全体を視聴者に見せたいときはモニターキャプチャーです。

  1. 「ソースの追加」をクリックする。
  2. 「Screen キャプチャー」→「モニターキャプチャ」の順にカーソルを合わせる。
  3. 「デスクトップ 1」を選択する。

モニターキャプチャ

視聴者に見せたくないものや、意図しないものが映り込まないように注意してください。

ウィンドウキャプチャー

ウィンドウキャプチャーは、特定のウィンドウ画面を視聴者に見せたいときに使いましょう。

  1. 「ソースの追加」をクリックする。
  2. 「Screen キャプチャー」→「ウィンドウキャプチャ」の順にカーソルを合わせる。
  3. 視聴者に見せたいウィンドウを選択する。

ウィンドウキャプチャ

以下のような方法もあります。やり方としては、こちらのほうがわかりやすいかもしれません。

  1. 「ソースの追加」をクリックする。
  2. 「Screen キャプチャー」→「スマートセレクション」を選ぶ。
  3. カーソルを任意のウィンドウに合わせ、クリックする。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ゲームキャプチャー

PCゲームの画面を視聴者に見せたいなら、ゲームキャプチャーです。

ゲームキャプチャ

「PC」ゲームという点に注意しましょう。キャプチャーボードを使用しているときは、「ゲームキャプチャー」は使いません。

この方法の場合、PCゲームはフルスクリーンモードでも、ウィンドウモードでも、どちらでもかまいません。

やり方は簡単です。

  1. PCゲームを起動しておく。
  2. 「ソースの追加」をクリックする。
  3. 「ゲームキャプチャー」で任意のPCゲームを選択する。

フルスクリーンのPCゲームからXSplitの画面に戻りたいときは、Altキーを押した状態でTabキーを何回か押してください。

デバイス

デバイス」を使うのは、以下のようなときです。

キャプチャーカード

近年の一般的なキャプチャーボードであれば、XSplitに画面を映すことができるでしょう。メーカー側もXSplit対応を謳っているケースがあります。

GC550 PLUS Game Capture HD60 S GV-USB3/HD
製品画像
接続方式 USB 3.0 USB 3.0 USB 3.0
エンコード方式 ソフトウェアエンコード ソフトウェアエンコード ソフトウェアエンコード
対応ゲーム機 Switch
PS4
Switch
PS4
Switch
PS4
パススルー出力 ○(4K対応)
OBS対応
解説・レビュー こちら こちら こちら
備考 編集ソフト付属 低遅延 編集ソフト付属

やり方は以下のとおりです。

  1. キャプチャーボード付属のソフトは閉じておく(重要)。
  2. 「ソースの追加」をクリックする。
  3. 「デバイス(ウェブカメラ、キャプチャーカード)」→「ビデオ」の順にカーソルを合わせる。
  4. 任意の周辺機器を選ぶ。

事前にキャプチャーソフトは閉じておいてください。もしキャプチャーソフトのほうにゲーム画面が映っていると、XSplit側ではゲーム画面が映らないからです。

RECentralを終了させる

画面が映らないときは

すべての対処法は書ききれないので、手軽にできるものだけご紹介します。

「Screen キャプチャー」の場合

追加したソース上で右クリックし、「独占ウィンドウキャプチャ」のチェックを外し、数秒ほど待ちます。これで映ることがあります。

独占ウィンドウキャプチャ

また、「ウィンドウキャプチャ」の場合は、ウィンドウを最小化しないでください。最小化すると映らなくなります。

さらに、「Screen キャプチャー」→「ウィンドウキャプチャ」で同一のウィンドウを複数選択できる場合は、別のものを選んでみましょう。

「ゲームキャプチャー」の場合

  • PCゲームを再起動する。
  • 「自動検出」ではなく、別のものを選ぶ。
  • ウィンドウモードにし、「ウィンドウキャプチャ」を使う。

「デバイス」の場合

キャプチャーソフトは閉じておいてください(上述)。そのうえで「デバイス」をいったん削除し、再度やり直します。

それでも映らない場合は、XSplitを閉じます。そして、キャプチャーボード付属のソフトで画面が映るか確認しましょう。映るのであれば、XSplitの「ウィンドウキャプチャー」で画面を取り込めます。

付属ソフトでも画面が映らない場合は、以下のページをご覧ください。

参考 キャプチャーボードの映像・音声が出ないときは

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)