OBS Studioで高画質・高音質な配信をする方法

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)で配信するさい、どのように設定すれば高画質・高音質な配信ができるのでしょうか。画面が荒くなって困ったという経験は、だれもがあるはずです。

画質で重要なのは以下の設定です。

  • ビットレート
  • 解像度

また、音質で重要なのは以下の設定です。

  • 音声ビットレート
  • サンプリングレート
  • フィルター

少し説明が長くなりますが、ポイントを押さえていきましょう。



【スポンサーリンク】

画質設定は柔軟に変更する

画質の設定は、他人の設定をコピーしてもあまり意味がありません。なぜなら、配信では以下の3つを意識しないといけないからです。

  • 配信者のPCのスペック
  • 配信者の回線速度(上り)
  • 配信サイトの仕様

高画質な配信をしたいなら、高スペックなPC + 高速な回線がベストです。しかし、全員が全員、その環境を持っているわけではありません。

したがって、「他人の高画質設定をコピーすればうまくいく」という考えは捨てるようにしてください。自分の環境に合わせて柔軟に設定しましょう。

ビットレートの設定をしよう

ビットレートとは

画質をよくしたいなら、まずはビットレートの設定が重要です。

  1. 「設定」→「出力」の順にクリックする。
  2. 「出力モード」を「詳細」にする1)「基本」でも設定はできますが、当サイトでは「詳細」で統一しています。
  3. その下の「配信」タブを開く。
  4. 「レート制御」が「CBR」になっていることを確認する。
  5. 「ビットレート」に数字を入力する(例 : 3,000kbps)。

映像ビットレートの設定

ビットレートは、たとえば「3000kbps(キロビーピーエス)」というような数字で表します。数字が大きいほど高画質にできると思ってください。

逆に数字が小さすぎると、動きの激しい映像では画質が荒くなり、モザイクがかかったような映像になることがあります。

荒い画質をさして、「モザイク画質」といわれることがあります。これはビットレートが不足して、ブロックノイズとよばれるものが発生している状態です。

ビットレートには、映像ビットレート音声ビットレートがあります。上で書いたのは映像ビットレートの設定です。

音声ビットレートも、数字が大きいほど高音質になります。

  1. 「設定」→「出力」の順にクリックする。
  2. 「出力モード」が「詳細」になっていることを確認する。
  3. その下の「音声」タブを開き、「音声ビットレート」に数字を入力する(例 : 128kbps)。

音声ビットレート

むやみに高ビットレートにできない理由

では、単純に大きな数字にすればよいのかというと、そうではありません。なぜなら、以下の2つの理由があるからです。

  • 配信サイト側で、ビットレートに上限が設けられている。
  • 配信者の回線速度(上り)が遅いことがある。

配信サイトのビットレートの上限というのは、たとえば6,000kbps以上のビットレートだと配信が切断される、不安定になるというような制限です。つまり、配信サイト側の仕様です。ユーザー側ではどうしようもありません。

関連 配信サイトのビットレート上限を理解しよう

ビットレート

また、配信者の上りの回線速度が遅いというのは、たとえば上りの速度が800kbpsしか出ないというような状況を考えてください。下りの速度ではない点に注意が必要です。

重要なのは下りの速度ではなく、上りの速度です。ライブ配信では、配信者のPCから配信サイトへ、データを送信(アップロード)するからです。

ビットレートの決め方

具体例

では、ビットレートの設定はどうすればよいのでしょうか。以下のように考えていきます。

  1. 配信サイトの上限ビットレートを調べる。
  2. 自分の上りの回線速度を調べる。
  3. 1と2を比較し、低いほうに合わせてビットレートを設定する。

たとえば、配信サイトのビットレート上限が2,500kbpsで、かつ自分の上りの回線速度が10,000kbpsであれば、2,500kbpsに設定します。

かりに上りの回線速度が800kbpsの場合は、2,500kbpsに設定してはいけません。紙芝居のようにカクカクと動く配信になるからです。

高画質な配信がしたいなら、ADSLは完全に不利です。光回線が必須です。

配信サイトごとのビットレート上限

配信サイトごとのビットレート上限については、下表をご覧ください。注意したいのですが、ビットレート上限は映像ビットレートと音声ビットレートを合計したものです。

ビットレート上限 設定例(映像+音声)
ニコ生 6,000kbps 5,872+128
ツイキャス 6,000kbps(公式推奨は5,000) 4,872+128
Twitch 6,000kbps 5,872+128
YouTube Live 51,000kbps(事実上、上限なし?) 6,000+128
OPENREC 5,000kbps 4,872+128
Mixer(旧Beam) 10,000kbps 6,000+128
インターネット環境によっては、上表どおりの設定をするとカクカクするかもしれません。その場合は、ビットレートを下げます。

ビットレートのめやすについては、下記ページをご覧ください。設定が不適切だと、配信がスムーズにできません。画質にも影響します。

ライブ配信における推奨ビットレートの目安。回線速度と○○がポイント
高画質な配信をしたいなら、配信ソフトのほうでビットレートを高く設定する必要があります。 しかし、むやみにビットレートを高く設定...

解像度はビットレートとセットで考えよう

解像度の設定

高画質にしたいなら解像度の設定も重要です。

「解像度」という用語はいろいろな場面で用いられますが、ここでは幅x高さで表す画面サイズのことだと思ってください。

  1. 「設定」→「映像」の順にクリックする。
  2. 出力 (スケーリング) 解像度」で任意の解像度を設定する(例 : 1280x720)。
  3. 「縮小フィルター」で「ランチョス」を選択する。

obs-studio

「基本 (キャンバス) 解像度」については、通常はPCモニターの解像度になります。基本的には変更する必要はありません2)もしどうしても「基本 (キャンバス) 解像度」を変更せざるをえない場合でも、「出力 (スケーリング) 解像度」と同じ解像度にしてください。そうしないと画面が見切れたり、黒帯が表示されます。「出力 (スケーリング) 解像度」で解像度を変更しましょう。

「縮小フィルター」は、「基本 (キャンバス) 解像度」を「出力 (スケーリング) 解像度」に縮小するさいに使う機能です。理論上は、「ランチョス」がもっとも高画質に縮小できます。

むやみに解像度を大きくできない理由

解像度は大きければよいというわけではありません。たとえば、「出力 (スケーリング) 解像度」を1920x1080にしたら高画質になるのかというと、そうではないのです。

以下の3つを考える必要があるからです。

  • OBSの映像ビットレートの設定
  • 配信サイトの仕様
  • 配信者のPCスペック

解像度を大きくしても、映像ビットレートが不足していると、逆に画質が落ちてしまいます

たとえば、映像ビットレートを500kbps、解像度を1920x1080に設定したらどうなるでしょうか。下記画像のように画質が破綻します。解像度に対して、映像ビットレートが極端に不足しているからです。

obs-studio
▲明らかにビットレートがたりない状態です。ゲーム画面は『スーパーマリオ オデッセイ』(任天堂)より

解像度の設定は、ビットレートとセットで考える必要があるのです。もし1920x1080に設定したいなら、ビットレートは4,000kbps程度は欲しいところです。回線速度が遅い場合、高ビットレートにできないため、1920x1080の解像度はあきらめてください。

解像度を1920x1080にするなら、ビットレートもそれに合わせて高く設定する必要があります。そして高ビットレートにするには、上りの回線速度が速くなくてはいけません。

また、回線速度に問題がなくても、PCのスペックが問題になるケースがあります。というのも、解像度が大きいほどPCに大きな負荷がかかり、映像が滑らかに動かなくなる場合があるからです。

OBSで配信画面がカクカク&重いときの原因が判明。対処法をまとめてみた
OBS Studio(以下OBS)を使用中、配信画面がカクカクする、PCが重いというケースに遭遇したことがあるかもしれません。 ...

たとえば、1280x720と1920x1080を比較した場合、後者のほうがPCの動作が重くなります。したがって、もし低スペックなPCを使用しているのであれば、解像度を1920x1080にしてはいけません。

配信サイトごとの解像度の設定例

解像度の設定は、下表を参考にしてください。基本的には1280x720がお薦めです。なぜなら、画質やPCスペックとの関係で無難な設定だからです。回線速度が遅いなら、解像度は640x360にして画質は妥協しましょう。

解像度の設定例
ニコ生 1280x720
ツイキャス 1280x720、1920x1080
Twitch 1280x720、1920x1080
YouTube Live 1280x720、1920x1080
OPENREC 1280x720、1920x1080
Mixer(旧Beam) 1280x720、1920x1080
スポンサーリンク
レクタングル(大)

余裕があればエンコーダープリセットを変更しよう

エンコーダープリセットを変更することでも画質を上げることができます。これは、あらかじめ用意されている画質設定のことです。

  1. 「設定」→「出力」の順にクリックする。
  2. 「エンコーダ」が「x264」になっていることを確認する。
  3. 「出力モード」が「詳細」になっていることを確認する。
  4. その下の「配信」タブを開き、「CPU使用のプリセット」を変更する(例 : 「medium」)。

obs-studio

下にあるものほど高画質ですが、その代わりPCの負荷は大きくなります。逆に上にあるものほど低画質ですが、PCの負荷は小さくなります。

もしプリセットを「slow」などにして配信した結果、配信映像がカクカク動くというような場合は、初期設定の「veryfast」に戻すか、「fast」など上のほうにあるプリセットに変更しましょう。

プリセットで高画質化を狙う場合は、PCのスペックに余裕があるときだけにします。ビットレートと解像度の設定のほうが重要です。

音質の上げ方

音声ビットレート、サンプリングレート

音声ビットレートについては、上で述べました。96~192kbpsの範囲内で設定すればじゅうぶんです。

サンプリングレートも音質に直接影響する設定です。ただ、配信では気にする必要はありません。音ズレなどの問題が起きたさいに、48kHzにすべきか44.1kHzにすべきか意識する程度です。

  1. 「設定」→「音声」の順にクリックする。
  2. 「サンプリングレート」を「48khz」または「44.1khz」にする。

「サンプリングレート」の設定の下に「チャンネル」がありますが、ここは「ステレオ」のままにしておいてください。一般的にはサラウンド音声では配信しません。

フィルター

OBSにはフィルター機能があります。マイクの音質が悪い場合は、うまく使うとよいかもしれません。ノイズ抑制ノイズゲートの2種類があります。

OBS Studioでマイクのノイズを除去して、高音質にする方法
OBS Studio(以下OBS)には、マイクのノイズを除去(低減)するための機能が搭載されています。ノイズ抑制とノイズゲートです。 ...

ノイズ除去

オーディオ機材

高音質な配信にしたいなら機材も重要です。ここでいう機材とは、オーディオインターフェイスマイクのことです。

【図解】ミキサーAG03の詳しい使い方。4つの操作を覚えれば簡単です
AG03は、ヤマハから発売されている小型ミキサーです。オーディオインターフェイスとしても使えます。 どのような場面で使うのかと...

その他、画質に影響を及ぼす設定

CBRとVBR

ビットレートの設定では、CBRVBRについて頭の片隅に留めておきましょう。この設定は画質や安定性に関係してきます。

  1. 「設定」→「出力」の順にクリックする。
  2. 「出力モード」が「詳細」になっていることを確認する。
  3. その下の「配信」タブを開き、「レート制御」が「CBR」になっていることを確認する。

obs-studio

CBRというのは、ビットレートが変動しないようにする設定のことです。VBRはその反対で、映像の状態に合わせてビットレートが変動する設定です。

  • CBR(constant bitrate) : 固定ビットレート
  • VBR(variable bitrate) : 可変ビットレート

たとえば、映像が激しく動く場合、ビットレートを上昇させて画質を維持するのがVBRです。

それぞれメリット・デメリットはあるのですが、基本的にはCBRでよいでしょう。多くの配信サイトがCBRを推奨しています。

なお、動画を作って投稿する場合は、VBR(またはCRF)でエンコードすることが多いと思ってください。使い分けます。

関連 OBS + キャプチャーボードで、TVゲームを高画質録画する設定方法

関連 【OBS Studio】PCゲームを高画質に録画するための設定ガイド

キーフレーム間隔

キーフレーム間隔は、キーフレームというものを挿入する頻度について設定します。やはり画質・安定性に影響します。初期設定では0(つまり自動)になっていますが、通常は2~3秒にしておきましょう。

  1. 「設定」→「出力」の順にクリックする。
  2. 「出力モード」が「詳細」になっていることを確認する。
  3. その下の「配信」タブを開き、「キーフレーム間隔」を「2」にする。

obs-studio

フレームレート

フレームレートの設定も画質に影響します。

  1. 「設定」→「映像」の順にクリックする。
  2. 「FPS 共通値」が「30」になっていることを確認する。

obs-studio

フレームレートは動きの滑らかさを表しており、「30fps」といえば1秒間に30個の画像が表示されて切り替わるという意味合いです。パラパラマンガと同じで、60fpsのほうが30fpsよりも滑らかに動きます。

基本的には30fpsにしておいてください。むやみに数字を大きくしても、画質低下やPCの動作が重くなる原因になります。

もちろん、ゲームが60fpsで動いていて、かつPCスペックに余裕があるなら60fpsにしてもかまいません。

なお、ニコ生は30fpsまでの対応となっています。

エンコーダー

最後に、エンコーダーの設定についてです。

  1. 「設定」→「出力」タブを開く。
  2. 「出力モード」を「詳細」にする。
  3. 「配信」タブを開く。
  4. 「エンコーダ」が「x264」になっていることを確認する。

エンコーダー

「エンコーダ」で、以下のような選択肢が表示されることがあるかもしれません。

  • NVENC H.264 (new)
  • NVENC H.264
  • QuickSync H.264
  • H264/AVC Encoder (AMD Advanced Media Framework)
  • アップル VT H264 ハードウェアエンコーダ

いずれかを選ぶと、PCの負荷が軽くなります。配信中、PCの動作が重いというとき絶大な効果を発揮するでしょう。NVENCなどのことをハードウェアエンコーダーといいます。

しかし、一般論としては画質は少し落ちます。したがって、画質重視の設定にするならx264(ソフトウェアエンコーダー)がよいのです。ただ、PCのスペックとの兼ね合いもあるため、最終的な判断は難しいところです。

なお、OBSのバージョンが23.0以降で、かつグラフィックボードがRTX 20シリーズであれば、画質劣化を気にする必要はありません(参考)。

RTX 20
▲出典 : NVIDIA公式サイトより

まとめ

高画質にするための設定自体は簡単です。

しかし、回線速度や配信サイトの仕様、PCの負荷を総合的に考えて、画質を設定しなくてはいけません。そうすると、一筋縄ではいかない部分もあるでしょう。

また、基本的には高画質な設定は高負荷になりやすく、逆に低負荷な設定は低画質になりやすいという傾向があります。したがって、画質を優先的に考えると高性能なPCのほうが有利です。

高性能なPCの例 → ガレリア XF

もし高画質な設定にした結果、PCが重い、配信画面がカクつくという場合は、下記ページをご覧ください。設定を見直す必要があります。

OBSで配信画面がカクカク&重いときの原因が判明。対処法をまとめてみた
OBS Studio(以下OBS)を使用中、配信画面がカクカクする、PCが重いというケースに遭遇したことがあるかもしれません。 ...

References   [ + ]

1. 「基本」でも設定はできますが、当サイトでは「詳細」で統一しています。
2. もしどうしても「基本 (キャンバス) 解像度」を変更せざるをえない場合でも、「出力 (スケーリング) 解像度」と同じ解像度にしてください。そうしないと画面が見切れたり、黒帯が表示されます。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)

質問・コメント

  1. 匿名 より:

    OBS配信をしようと思っているんですが、何故か配信しても2-3秒で画質が荒くなってしまいます。
    止まっている間は画質が安定していますが、動いて2-3秒ごとに画質が安定して2-3秒ごとに画質が荒くなります。
    どうすればずーーーと画質が荒れる事なく安定する配信ができますでしょうか?

    corei7 6700
    メモリ16GB
    グラボ Geforce GTX 1070 8GB
    モニター144Hz
    回線速度どのサイトが正しいのか分かりませんが上り520MbPS下り370Mbps

    • 管理人 より:

      回答が完全な勘になってしまって申し訳ないのですが、
      OBSの設定画面で「出力」→「出力モード」→「詳細」で、
      「プロファイル」の部分を「baseline」にしてみてください。

      また、同じく「出力」で「キーフレーム間隔」が
      0秒になっているのであれば2秒にします。

      加えて、「詳細設定」→「YUV色範囲」が「全部」に
      なっているのであれば「一部」にすることで直るかもしれません。

      通常は、ビットレート、解像度、フレームレートの3点が
      完璧ならば映像が荒くなることはないので、
      うまくいかないかもしれませんが…。

  2. 匿名 より:

    基本解像度とはモニターの解像度とありますが、キャプチャーしているゲームをフルスクリーンでプレイしていない場合でも1920×1280に設定したほうが良いのでしょうか。

    • 管理人 より:

      基本解像度は、へたに変えるとトラブルのもとなので、
      原則として変えないほうがよいかと思います。

      モニターの解像度が1920x1080なら、ゲームをフルスクリーンで
      プレイしていない場合でもそのままでOKです。

      • 匿名 より:

        そうなんですね、PCや配信は素人なので助かりました。ありがとうございます。

  3. 匿名 より:

    OBS23.0にアップデートしてからビットレートが安定しなくなりました。

    今までは9000でもずっと緑だったのが、今では赤くなったり緑になったりと不安定です。5000に下げても同じく不安定です。

    どうしたらよくなるなど分かる方はご教授お願い致します。

  4. 匿名希望 より:

    質問です。

    今まで配信しながらゲームをしていても、特に問題ありませんでしたが、最近OBSのフレームレート落ちに悩まされています。

    windows update数日後から不調で色々試してみましたが治りません。

    もし、心当たり有る修正方法等ご教授頂けたら幸いです。

    スペック
    core i7 7700
    メモリ16G
    グラボ Geforce GTX 1060 6G