【最低限】いまからゲーム配信・生放送を始めるのに必要な機材は、これだけです

この記事をシェアする

ゲーム配信、すなわちゲーム実況のライブ配信をやるには、機材をそろえる必要があります。YouTube Liveでもニコ生でも、これは変わりません。

ゲーム配信

しかし、ひとくちに「機材」と言っても、どういったものがあって、どのくらいの価格なのか、見当もつかないという人もいるでしょう。

  • なにを買えばいい?
  • 値段・費用は?
  • おすすめは?
  • 無料でできないの?

そこで、このページではゲーム配信でそろえるとよい機材をご紹介します。おおよその価格もわかるようにしました。

なお、ゲーム実況動画で必要な機材については、下記ページをご覧ください。

関連 【2019年最新】ゲーム実況で必要な機材と、その値段が気になる人へ

スポンサーリンク

PCを使うかどうか決めよう

まず最初に、PCを使って配信するかどうかという点を決めましょう。なぜなら、必要な機材が違ってくるからです。

PC

PCがあれば、あらゆる配信に対応できます。これが基本、かつ一般的なやり方だと思ってください。ただし、難易度が高いと感じる人がいるかもしれません。

そこで、PCを使わない方法もあります。たとえば、PS4のシェア機能です。PCは必要ありません。配信方法も簡単ですし、付属のヘッドセットを使えば無料です。

SHAREボタン

また、スマホだけで配信する方法もあります。スマホの画面をライブ配信できるアプリを使えば、iPhone、Android端末、どちらでもかまいません。無料で配信できます。

スマホ

もしPCを使うべきか迷ったら、以下のように考えましょう。一例です。

  • 手広く配信したい → PCで
  • 手軽に配信したい → PS4、スマホで
  • Switchのゲーム配信をやりたい → PCで
このページの解説は、PCの使用を前提としています。注意してください。

PC

ノート、デスクトップどちらでもかまいません。

PC

PCのスペックについては、多くの人が気になる点でしょう。「このPCで問題ないのか、高画質なゲーム配信ができるのか?」という疑問です。

しかし、PCがモンスター級のスペックである必要はありません。ほとんどの配信者は、PCの動作が必要以上に重くならないよう、設定をくふうしながら配信しているのです。

OBSで配信画面がカクカク&重いときの原因が判明。対処法をまとめてみた
OBS Studio(以下OBS)を使用中、配信画面がカクカクする、PCが重いというケースに遭遇したことがあるかもしれません。 ...

そして、PCを軽くするための設定方法は、ある程度パターンが確率しています。したがって、あれこれ悩むよりも実際にやってみたほうが話は早いでしょう。

もしPCを新しく買うのであれば、10万円程度の製品をお薦めします。性能と価格のバランスが取れているからです。たとえば、ガレリア DTなどがこれに該当します。

下記ページも参考にしてください。

参考 ゲーム実況で必要なPCスペックと、おすすめPCの選び方

キャプチャーボード

ゲーム配信では、ゲーム画面を視聴者に見せる必要があります。そのためには、まず「自分の」PCにゲーム画面を映さなくてはいけません。

キャプチャーボード

では、SwitchやPS4など、ゲーム機の画面を自分のPCに映すためには、どうしたらよいのでしょうか。そこで必要になるのがキャプチャーボードです。

キャプチャーボードの接続方法

上図のように各機器を接続すると、

  • ゲーム機の画面がPCに映る
  • ゲーム機の音がPCから出る

という状態になります。

キャプチャーボード

あとは、配信ソフトを用意すればよいのです。配信ソフトがあれば、PCに映っているゲーム画面や、PCから出ているゲーム音をリアルタイムで配信できるからです。

ゲーム機の画面を「自分の」PCに映すために必要なのがキャプチャーボードです。そして、その画面を視聴者に見せるために使うのが配信ソフトです。

ここまで記事を読んでみて、「キャプチャーボードってほんとうに必要なの?」と思った場合は、下記ページをご覧ください。

キャプチャーボードとは何か。ゲーム実況で必要な理由がピンとこない人へ
ゲーム実況で必要な機材のひとつに、キャプチャーボードがあります。 キャプチャーボードとは、いったい何をするために必要なものでし...

なお、PCゲームの場合は、キャプチャーボードは必要ありません。なぜなら、キャプチャーボードがなくてもゲーム画面をPCに映せるからです。

配信で使える、おすすめキャプチャーボード

【2019】失敗してわかった。おすすめキャプチャーボードを8個紹介します
自分に合ったキャプチャーボードを選ぶのは、ほんとうに苦労します。こんな人はいませんか? 製品が多すぎて、どれを買ったらよいか...

GC550 PLUS

定番中の定番とも言える製品がGC550 PLUSです。

使い方はオーソドックスで、きわめて多機能です。ゲーム配信とは直接は関係ありませんが、動画編集ソフトもついてきます。

配信ソフトがなくても簡単にゲーム配信できる機能を搭載しているため、難しい設定が苦手な人に重宝するかもしれません。

関連 【キャプチャーボード】GC550を3年使ったので、本音を打ち明けることにした

関連 【ガイド】GC550、GC550 PLUSの使い方・設定方法

Game Capture HD60 S

もしGC550 PLUSの価格が高すぎると感じたなら、Game Capture HD60 Sです。

やはりゲーム配信機能を搭載しており、こちらも初心者が難なく使える定番の人気製品です。GC550 PLUSよりも価格が安いので、購入候補にしておくとよいでしょう。

関連 初心者のための、Elgato Game Capture HD60 S購入ガイド・レビュー

関連 【ガイド】Elgato Game Capture HD60 Sの使い方・設定方法

GV-USB2

GV-USB2は、レトロゲーム機用の製品です。

じつは、上記2製品はどちらもレトロゲーム機を接続できません。たとえば、PS2をつなげようとしても、GC550 PLUSやGame Capture HD60 Sには接続できないのです。

そこでGV-USB2です。PS2のほかにも、PS3、PS1、Wii U、Wii、GC、N64、SFCなどにも対応しているので安心してください。価格も安く、数千円程度です。

参考 GV-USB2の使い方

スポンサーリンク
レクタングル(大)

マイク

マイクは、自分の声を配信に入れたい場合に必要です。無言で配信したいなら、マイクは必要ありません。

マイク

一例ですが、下記のような製品があります。どちらもゲーミングヘッドセットといって、ゲーマーに最適な製品です。

もしマイクの音質に拘りたいなら、ダイナミックマイク、またはコンデンサーマイクを使いましょう。

プロが使う高音質マイクなので、正しい使い方をすればノイズに悩まされることも少なくなるでしょう。通常は、オーディオインターフェイスという機器も併せて必要です。

参考 オーディオインターフェース

参考 AG03の使い方

Webカメラ

自分の顔を映してゲーム画面の端に小さく入れたい場合(顔出し配信)、Webカメラが必要です。

また、VTuberのようなことをやりたいという場合も、表情や頭の動きをトラッキングするためにWebカメラが必要です。

【最新】バーチャルYouTuberの作り方・やり方をざっくりとまとめてみた
どうすればバーチャルYouTuber(VTuber、ブイチューバー)になれるのでしょうか。 最新情報を踏まえつつ、バーチャルY...

デジタル一眼カメラのような高価なものは、ゲーム配信では通常使いません。Webカメラでじゅうぶんです。

マルチモニターにすれば快適な配信環境に

これは必須というわけではありません。

ただ、もう1台モニターを増やしてマルチモニター(デュアルモニター)にすると、快適に配信できるようになるでしょう。画面が広くなるからです。

広い画面

もちろん、モニターが1台でも配信はできます。しかし、どうしても画面が狭くなりがちなのです。実際に配信してみるとわかります。

マルチモニターにするメリット・やり方については、下記ページをご覧ください。モニターアームについても触れています。

配信で画面がゴチャつくって? → マルチモニター・デュアルモニターで完全解決
ゲーム配信者のなかには、マルチモニター(マルチディスプレイ)にしている人が珍しくありません。 では、マルチモニターのメリットは...

必要な機材まとめ

Switchの場合

  • PC
  • キャプチャーボード
  • マイク
  • その他
【Switch】ゲーム配信・生放送のやり方を図解してみた
Switchの場合、ライブ配信(生配信、生放送)するにはどうしたらよいのでしょうか。 ここでは、 必要な機材・ソフト...

PS4の場合

  • PC
  • キャプチャーボード
  • マイク
  • その他

PS4も基本的にキャプチャーボードが必要です。ただ、下記ページに書いたとおり、リモートプレイを使う方法もあります。

【PS4版】PCからゲーム配信したい人向けの、PS4専用ガイド
PS4の場合、PCからライブ配信(生配信、生放送)するにはどうしたらよいのでしょうか。 ここでは、 必要な機材・ソフ...

PS4のシェア機能を使って配信する場合は、そもそもPCすら不要です。

2点だけ注意!PS4の配信機能で生放送・ブロードキャストする方法
PS4のシェア機能で生放送をするには、SHAREボタンから配信設定を行っていきましょう。高画質な配信にしたいなら、ここの「品質」の設定が重要です。注意すべきは、(1)対応していない配信サイトがあるという点と、(2)ゲームによっては配信禁止区間が設けられているという点です。

旧世代の据置型ゲーム機の場合

  • PC
  • キャプチャーボード
  • マイク
  • その他

旧世代の据置型ゲーム機というのは、たとえばPS2、PS1、Wii U、Wii、GC、N64、SFCなどのゲーム機のことです。必要な機材は、Switchの場合と同じです。

購入すべきキャプチャーボードについては、GV-USB2がよいでしょう(上述)。

参考 GV-USB2の使い方

PCゲームの場合

  • PC
  • マイク
  • その他
要点は1つ。PCゲーム配信・生放送のやり方と、PCスペックの重要性
PCゲーム配信をするには、どうしたらよいのでしょうか。PCゲームとは、たとえばPC版フォートナイトや、PUBGなどのことです。 ...

スマホゲームの場合

  • PC
  • マイク
  • その他

スマホの画面をPCに映す必要がありますが、そのためにキャプチャーボードを使う方法があります。

参考 キャプチャーボードを使ってiPhoneの画面をPCに映す方法

しかし、キャプチャーボードがなくとも、ミラーリングソフトを使えばゲーム配信はできます。こちらのほうがより手軽にできるでしょう。

【Wi-Fi】簡単。iPhoneの画面をPCに映してミラーリングする方法。アプリも紹介
iPhoneの画面をPCに映すためには、ミラーリングソフトが必要です。 たとえば、iPhoneの画面をPCに映して、PCでライ...

また、そもそもPCを使わず、スマホだけでゲーム配信する方法もあります。

iPhone/Androidだけでゲーム配信・生配信するなら、知っておくべき7つのこと
PCなしで、スマホ単体でゲーム実況の生配信(ゲーム配信)をするには、いくつか知っておかなくてはいけないことがあります。 たとえ...

配信で必要なソフトは?

ゲーム配信で使うソフトウェアとしては、たとえば以下のものがあります。

重要なのは配信ソフトです。各ソフトの詳細については、下記ページをご覧ください。

【定番】すぐにでもライブ配信したい人が必要なソフト、サービス一覧
ライブ配信(生放送)をやるためには、どのようなものが必要でしょうか。 機材・周辺機器については、下記ページで解説しました。 ...

まとめ

こうして見てくると、すでにPCを所有している場合に必要な機材は限られてくる、ということがわかります。

各機材のおおよその価格ですが、

  • キャプチャーボード - 2万円前後
  • マイク - 数千円から1万5千円
  • Webカメラ - 数千円から1万円

がひとつの参考になるでしょう。

ゲーム配信のやり方については、下記ページをご覧ください。配信サイトごと、またはゲーム機ごとに方法を解説しています。

ゲーム生配信のやり方、必要機材とは?配信サイト・ゲーム機ごとに解説
当サイトでは、ゲーム配信のやり方、配信方法、必要な機材・ソフトを 配信サイトごと ゲーム機ごと という2つ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)