【YouTube Live】XSplitでゲーム配信する場合の設定方法

この記事をシェアする

XSplitを使ってYouTube Liveで生放送をする場合、どのように設定すればよいのでしょうか。

XSplit

難しい設定は必要ありません。4つの設定をXSplitで行うだけです。

  • 画質
  • BGM・マイク音
  • 視聴者に見せる画面
  • 配信タイトル

なお、XSplitの無料版の制限については、下記ページをご覧ください。

関連 XSplitの詳しい使い方・設定方法

【スポンサーリンク】

準備しよう

まず前提として、下記ページを読んでおいてください。配信で必要なものを掲載しています。

【YouTube Live】初めて生放送でゲーム配信したい人向けの入門ガイド
YouTube Liveでゲーム配信するには、どうすればよいのでしょうか。また、なにが必要でしょうか。 このページでは、 ...

たとえば、キャプチャーボードゲーム機の画面をPCに映すために必要です。具体的には、Switchのゲーム配信をやりたいなら必須です。

関連 失敗してわかった。おすすめキャプチャーボードを8個紹介します

GC550 PLUS Game Capture HD60 S GV-USB3/HD
製品画像
接続方式 USB 3.0 USB 3.0 USB 3.0
エンコード方式 ソフトウェアエンコード ソフトウェアエンコード ソフトウェアエンコード
対応ゲーム機 Switch
PS4
Switch
PS4
Switch
PS4
パススルー出力 ○(4K対応)
解説・レビュー こちら こちら こちら
備考 編集ソフト付属 低遅延 編集ソフト付属

YouTubeの場合、ライブ配信用のアカウントを有効にするために最大24時間かかります。この点についても上記ページに書いておきました。

YouTubeのアカウントでログインしよう

まず、「ブロードキャスト」→「新しい出力を設定する。」→「YouTube Live」の順にクリックします。

YouTube Live

すると、設定画面が開くので、「Authorize XSplit to use YouTube Live」をクリックしてください。

Authorize Xsplit to use YouTube Live

YouTubeのアカウント(Google アカウント)でログインし、画面を順に進めていきます。

ログイン

YouTubeのアカウント名が表示されたら成功です。

アカウント名

画質の設定をしよう

設定は歯車アイコンから

引き続き、いまの設定画面で画質の設定を行います。

もし設定画面を閉じてしまった場合は、「ブロードキャスト」から「YouTube Live」の歯車アイコンをクリックしてください。

「YouTube Live」の歯車アイコン

ビットレート

画質でいちばん重要な設定は、ビットレートです。これが大きいほど高画質になり、小さいほど画面が荒れやすくなります。ひとまず3,000kbpsに設定しておきましょう。

ビットレート

ライブ配信における推奨ビットレートの目安。速度と○○がポイント
高画質な配信をしたいなら、配信ソフトのほうでビットレートを高く設定する必要があります。 しかし、むやみにビットレートを高く設定...

ただし、上りの速度が遅い場合、3,000kbpsだと配信がカクつく場合があります。あらかじめ覚えておいてください。

上りの速度が速いなら6,000kbps以上に設定することもできます。

「上り」の速度という点が重要です。下りの速度ではありません。上りの速度が遅い場合は、画質を諦めてビットレートを下げる必要があります。

「OK」をクリックして設定画面を閉じます。

解像度・フレームレート

つぎは解像度の設定です。これもビットレートとの関係で重要です。

解像度・フレームレートの設定

ひとまず、「1280 x 720 - 720p HDTV (video) (16:9)」にしておきましょう。3,000kbpsならこのあたりの解像度が無難です。

  • 1,000kbpsなら → 640x360に
  • 3,000kbpsなら → 1280x720に
  • 6,000kbpsなら → 1280x720、または1920x1080に
ビットレートの設定に合わせて解像度を設定する必要があります。解像度を高くしすぎると、映像が激しく動いたさい画面が荒くなります。

フレームレートは30fpsが基本です。もちろん、用語の意味を理解しているのであれば60fpsでもかまいません。

フレームレート

BGM・マイク音の設定をしよう

BGMを配信で流す設定は、歯車アイコンからできます。

歯車アイコン

「システムサウンド」が「既定スピーカー」になっていることを確認しましょう。この設定にしておけば、PCの音声はすべて配信されます。

既定スピーカー

たとえば、以下のような音声です。

  • BGM、音楽
  • ゲーム音
  • DiscordやSkypeの通話相手の声
  • YouTubeなどで再生している動画の音
  • 棒読みちゃんの音

さらにマイク音(自分の声)を流したい場合は、使用するマイクを「マイク」で選択します。

マイク

Noise Suppression」にチェックを入れるとノイズを低減できます。必要であればONにしてください。かなり効果があります。

Noise Suppression

「OK」をクリックして設定画面を閉じます。

もし視聴者に「ゲーム音がうるさい」と言われた場合は、音量を下げましょう。ここでの音量調整は、配信者自信には影響ありません。

スピーカー音量

スポンサーリンク
レクタングル(大)

XSplitに画面を映そう

ソースを追加することで、XSplitに画面を映すことができます。

ソースの追加

どのような画面を映したいのか考えて、「ソースの追加」から適切な項目を選択しましょう。

説明
Screen キャプチャー スマートセレクション 画面の指定した範囲を見せたいときに選ぶ
モニターキャプチャー 画面全体を見せたいときに選ぶ
ウィンドウキャプチャー ウィンドウ画面を見せたいときに選ぶ
ゲームキャプチャー PCゲームの画面を見せたいときに選ぶ
デバイス キャプチャーボードや、Webカメラ画面を見せたいときに選ぶ

詳細は、下記ページをご覧ください。

【XSplit】画面を視聴者に見せるための、3つの実践的なキャプチャー方法
今回は、XSplitを使って以下の3つのキャプチャー方法をマスターしましょう。 Screen キャプチャー ウィンド...
【XSplit】ソースの追加・編集ってどういうこと?視聴者に画面を見せる方法
XSplitを使ってライブ配信する場合、なんらかの画面を視聴者に見せる必要があります。 たとえば、以下のような画面を視聴者に見...

配信を開始しよう

準備が整ったら、いよいよ配信開始です。「ブロードキャスト」→「YouTube Live」の順にクリックしてください。

配信開始

すると、下記画像のような画面になります。ここでは配信タイトルなどを設定できます。

YouTubeの設定

おおよその意味は下表のとおりです。

説明
ライブイベント 基本的には「今すぐ配信する」を選択
タイトル 配信タイトルを入力する
説明 配信内容を入力する
タグ
カテゴリ
プライバシー 基本的には「Public」を選択
予約 「ライブイベント」で「新規ライブイベント」を選択した場合に年月日を入力
遅延 いちばん遅延が小さい「Ultra low-latency」がおすすめ
DVRを有効にする ONにすると視聴者が追っかけ再生できる

プライバシー」は、意味がわかりづらい用語かもしれません。配信を公開する範囲のことです。

  • Public : だれでも配信を視聴できる
  • Unlisted : URLを知っている人だけが視聴できる
  • Private : 自分だけが視聴できる

ゲームタイトルについては、YouTubeにアクセスしないと変更できません。注意してください。

設定できたら、「放送を開始する」をクリックします。配信が始まります。

放送を開始する

自分で配信を確認してみよう

配信が始まると、画面右下に通知が表示されます。通知内の「こちらをクリック」の部分をクリックしてみましょう。実際の配信画面をブラウザで確認できます。

通知

もしクリックするまえに通知が消えてしまった場合は、画面右上のシェアボタンをクリックすればURLがわかります。このURLをブラウザにコピー&ペーストします。

シェアボタン

配信画面に飛んだら、スピーカーはミュートにしてください。そうしないと音が繰り返し取り込まれるため、ループしてしまいます。

スピーカーをミュートに

配信中は、最低でも3秒程度の遅延が必ず発生します。不具合ではありません。上述した「遅延」の設定と関係している部分です。

また、配信画面がカクつく場合は、XSplit上部の「Dropped Frames」の部分に注目してください。この部分の数字がどんどん増えているのであれば、ビットレートの設定が高すぎます(上述)。

ドロップフレーム

配信を終了しよう

配信を終了するには、「ブロードキャスト」→「YouTube Live」の順にクリックします。

配信終了

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)